不動産投資契約におけるサブリースについて


不動産投資をお考えの際、サブリースという言葉を聞いたことはないでしょうか?リスクを減らして不動産投資ができるといった魅力的なサブリースですが、きちんと調べずに契約してしまうと損をする可能性があります。

今回は、不動産投資におけるサブリースのメリットやデメリットについてご紹介いたします。

サブリースの最大のメリットは空室でも専門業者が家賃を保証すること


サブリースとは、簡単に言えばサブリース会社に物件を貸し、その会社が入居者を探すという仕組みです。

サブリース契約を結ぶことで得られる最大のメリットは、空室の場合でも不動産業者が、家賃を保証するという点です。そのため、空室による収入減の心配がなく、安定した収入が見込めます。

また、サブリースを契約すると、不動産業者がその契約した物件の家賃を支払い続けてくれます。空室リスクを回避できるだけでなく、家賃滞納の催促などをする手間もかかりません。収入が安定するため、ローンの返済も計画的に進められます。

クレームにも対応するため不動産投資初心者でも安心


サブリースを契約する際には、費用を支払う必要があります。この費用の中には運営業務費が含まれています。

運営業務費とは、その物件を運営するためにかかる手間、手続きなども不動産業者に行ってもらえるというもの。
家賃滞納、クレームなどの対応も業者が行うので、不動産の運営に慣れていない方でも投資がしやすくなります。

サブリースは収支の管理が楽になり確定申告の際に有利


賃貸収入は確定申告をする必要がありますが、サブリース契約をしておくとこの確定申告も有利になります。オーナーが契約しているのはサブリース会社のみなので、入居者、退去者が出る度にかかる費用などを計上する手間がかかりません。
結果、収支の管理や年末の確定申告が非常に楽になります。

サブリースの大きなデメリットは手数料が引かれること


サブリースには 不動産オーナーにとって多くのメリットある反面、いくつかのデメリットがあります。サブリース契約を結ぶ前に、事前にデメリットを知っておく必要があります。

サブリース契約の最大のデメリットは、不動産業者を仲介することで、家賃から手数料が引かれるということです。家賃収入を最大限得体のであれば、自己経営するしかありません。

誰が住んでいるかを把握できず物件のモラル低下の可能性も


サブリースを契約のデメリットとして、どんな人が入居しているかわからない点も挙げられます。
トラブルが起きた場合、サブリース会社が対応しますが、入居者に綺麗に使って欲しい、ルールを守って欲しいというオーナーとしての願いは届かない可能性もあります。
また、サブリースの契約を解除したい際も、入居者の連絡先がわからないのでその情報を伝えることが難しくなります。

サブリース会社の倒産も考えられるため保証は永続的とはいえない


サブリース会社からの保証家賃は未来永劫続くというものではありません。
その会社が倒産してしまう可能性も十分にあり、その場合はオーナーが契約内容を引き継ぐという形になります。
そのときに入居者がいれば家賃を回収することができますが、空室だった場合はまた一から自分で入居者を探さなければなりません。

不動産投資のサブリースには慎重に!


不動産投資のサブリース契約についてご紹介いたしました。
サブリース契約は、不動産投資のリスクを少なくしてくれます。また、運営にかかる手間なども請け負ってくれるので忙しい不動産オーナーにとっては、ありがたいシステムといえます。
しかしデメリットも多く、より多くの収入を得たいという方にとってサブリースは足かせとなってしまいます。十分にサブリースの必要性を考えてから契約をするようにしましょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る