不動産投資の成功率は高いの?成功率を上げるためのポイントを紹介

不動産投資は、人によって成功の定義が異なるため、成功率を数値で示すのは少々難しくなります。

ただし、「レバレッジを効かせ、少ない資本で数千万円の資産を手に入れる」ことができれば、何の目的で不動産投資を始めたとしても、成功したといえるのではないでしょうか。

 

そこで今回のコラムでは、「長期的に物件を保有し、安定した収入を手に入れる」ことを達成するため、成功率を上げるための方法をご紹介します。

 

不動産投資での成功とは

不動産投資を行う理由は、副収入・節税対策・年金代わりなど、人によって大きく異なるため、何をもって「不動産投資が成功した!」といえるのかは難しいところです。

とはいえ、「長く物件を所有し、家賃収入でローンを返済していくこと」を達成しなければ、どの目的で不動産投資をスタートしても、失敗に終わってしまいます。

 

不動産投資を成功させるためには、「失敗しない投資を心がけること」がキーポイントとなるのです。

 

不動産投資の成功率を上げるためのポイント

不動産投資で成功率を上げるためには、以下6つのポイントを意識してみてください。

 

  1. 安定性が高いインカムゲインを重視する
  2. 情報収集を怠らない
  3. 成功している人からノウハウを学ぶ
  4. 信頼できる不動産会社を見つける
  5. 良い物件は素早く見極める
  6. 計画してローンを組む

 

一つずつ詳しく解説します。

 

安定性が高いインカムゲインを重視する

不動産投資におけるインカムゲインとは、物件を所有中に得られる家賃収入のことを指します。

家賃は変動しにくいので、不動産投資は所有物件に誰かが入居してくれれば、安定的な収入を見込める点が最大の特徴です。

 

また、業務委託をすれば、入居者の管理や建物の修繕といった面倒なことも管理業者が行ってくれるので、不動産を所有するだけで、収入を得ることができるようになります。

 

情報収集を怠らない

不動産会社に依頼をすれば、物件の相場や購入にあたって必要な費用などを算出した資料を作ってくれます。

しかし、不動産会社によって算出方法はまちまちなので、依頼をかける場合は、最低でも3~4社に連絡をし、希望物件の相場や必要な費用を自分の目で確かめることが重要です。

 

不動産投資で成功するためには、不動産会社の情報だけを鵜呑みにせず、必ず自分で調べることを癖づけるようにしましょう。

また、不動産投資を取り巻く制度の変更、金融情勢の流れなどの状況は、常に変化していきます。そのため、情報や知識のアップデートも必要です。

 

成功している人からノウハウを学ぶ

不動産投資を成功させるためには、実際に成功している人の行動なども真似て、ノウハウを得ることも有効です。

不動産投資に限らず、仕事でも初めてのことは上司や先輩に教わることで効率よくできるようになります。

 

それと同じで、不動産投資も成功している人からノウハウを学ぶことは、初心者にとって非常に重要なのです。

不動産投資で成功している人の話は、セミナーや説明会などへ行くと聞くことができます。

体験談はどんな教科書よりも役立つ情報なので、セミナーなどを見つけた場合は、積極的に参加してみましょう。

 

信頼できる不動産会社を見つける

滅多にないことですが、なかには投資者を騙そうとする悪徳不動産会社もあるので、物件探しをする際は、信頼できる不動産会社や営業マンを見つけることが重要です。

信頼できるところは、こちらの要件を親身になって聞いてくれるだけでなく、デメリットやリスクといったマイナス面もきちんと説明してくれます。

 

逆に、怪しい会社はよい面ばかりを説明してきたり、こちらの希望とは全く違う物件ばかりを勧めてきたりするので注意をしてください。

 

良い物件は素早く見極める

利益率のいい投資物件はすぐに買い手がついてしまうので、不動産投資を成功させるためには、物件の善し悪しを素早く見極める目を持つことも大切です。

不動産投資は投資額が大きいため、「失敗したくない」という思いから、つい二の足を踏んでしまうことがよくあります。

しかし、不動産投資は利益が出るまで数年はかかるので、成功させるためには利益率のいい物件を素早く手に入れ、なるべく早く投資額を回収することが重要なのです。

 

とはいえ、急ぎすぎて条件の悪い物件を掴んでしまっては意味がありません。

そうならないよう、日頃から多くの物件資料に目を通し、立地や物件価格などから利回りのよさをすぐ判断できるようにしておくとよいでしょう。

 

計画してローンを組む

不動産投資は家賃収入を使ってローンを返済していきます。

しかし、空室が増えれば、その分家賃収入は落ちていきます。そのため、ローンは空室のリスクを考慮して組まなければなりません。

 

アパート経営などの場合、ローンの返済額を入居率100%の状態で算出してしまうと、空室率によってはローン返済を滞らせてしまう危険性があります。

入居者が減ってもローンを減額することはできないので、計画は入念に練っておきましょう。

 

不動産投資の成功率を下げてしまう原因

不動産投資の成功率が低い人には、以下の共通点があります。

 

  • 低利回りの物件を購入する
  • 物件探しを一部の地域だけでする
  • 立地だけをみて物件を購入する

 

一つずつ解説していきますので、各ポイントにご自身が当てはまっていないか、確認をしてみてください。

 

低利回りの物件を購入する

低利回りの物件は家賃収入の額が低いので、効率よくローンを返すことができません。

 

銀行も、収益性の高い物件を所有している人の方が返済能力は高いと判断するため、利回りは非常に重要です。

低利回りの物件を購入してしまうと、返済能力が低いと判断され、次に融資を受けたいと思っても受けにくくなる可能性があります。

 

物件探しを一部の地域だけでする

投資物件は地域によって利回りが大きく変わってくるので、地域選びは非常に重要です。

ただし、地域を限定して探してしまうと物件情報が少なくなってしまうため、よい物件を見つけにくくなります。

 

投資物件は将来性を見越して購入するので、物件探しをする際は、多くの地域に目を向けるようにしましょう。

 

立地だけをみて物件を購入する

投資物件は立地のよい物件ほど利回りが高い傾向にあります。

しかし、立地がよくても管理が甘い物件は入居率が低くなるため、結果的に利回りが低くなってしまうのです。

 

また、クロスの張り替えを怠ったり、古いエアコンを設置したままにしたりといった管理の甘さだと、いくら立地がよくても入居者は増えません。

不動産投資用の物件を購入する際は、立地のよさに加え、管理が十分に行き届いているかもよく確認しておきましょう。

 

まとめ

不動産投資は人によって成功到達点が異なるため、一概に成功率を数値で表わすことはできません。

しかし、レバレッジを効かせ、少ない資本で数千万円の資産を手に入れることは共通の成功ポイントです。

 

不動産投資を成功させたい人は、今回の記事を参考に、計画性を持った投資と資産運用を行ってみてください。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る