アパート経営の際は修繕費の相場を把握しておこう

アパートの修繕費相場

アパート経営を続けていると、設備が劣化することによる修繕が必要になってきます。 修繕にもさまざまありますが、今回は定期的に発生する修繕の費用や、修繕の必要性について解説します。

ベランダの防水加工は1平方メートルで7,000円ほど

ベランダに防水加工を施す場合、1平方メートルで7,000円ほどが相場です。ベランダの防水加工は、雨水を部屋に入れないためにも必要な修繕作業です。永続的に防水が続くわけではありません。10〜15年ほどしたら新たに修繕する必要が出てきます。

外壁改修は1平方メートルあたり1〜3万円ほど

アパートの顔とも言える外観。外観が汚れたり剥がれたりしていては、入居に繋がらない可能性もあります。外壁の改修工事は、おおよそ、1平方メートルあたり1〜3万円ほどが相場とされています。 外壁は雨風だけでなく、紫外線の影響を受けて自然に劣化が進んでしまいます。そのため、ベランダの防水加工同様、10年に一度は改修を行う必要があります。

エアコンの交換は1台10万円ほど

エアココンを備え付けてあるアパートであれば、エアコンの交換も必要になります。エアコンの交換は、工費込で1台10万円ほどが相場。ですが、各部屋に取り付けられている場合は、その分だけの費用が発生します。

サビ除去の工事は1平方メートルあたり4,000円

外壁改修と合わせて外観を整備したい場合に欠かせないのが、サビ除去の工事です。鉄製の部品の場合、雨の影響を受けて徐々に経年劣化していき、サビが目立ってきます。そのため定期的なサビ除去の工事が必要になってきます。 修繕費用は、おおむね1平方メートルあたり4,000円ほどです。

給水ポンプの交換相場は工費込で70〜150万円程度

アパートに水を運ぶため、必ず給水ポンプが設置されています。給水ポンプにトラブルが発生して交換が必要となった場合、その費用は工事費込みで、70〜150万円程度が相場です。

クロスの張替えは1戸あたり4〜6万円前後

入居者が退去した際に発生する修繕として、クロスの張り替えがあります。この修繕費用は、1戸あたり4〜6万円前後が相場。破けていない場合でも、時間が経過したことで色褪せや変色が起きるため、退去後が必ず交換するようにしましょう。

障子・襖の張替えは1戸あたり4〜5万円ほど

和室が設置されているアパートであれば、障子・襖を張り替える必要もでてきます。この際、発生する修繕費用は1戸あたり4〜5万円ほどが相場です。エアコン同様、障子・襖がある部屋の分だけ修繕費用は発生します。

修繕費は空室リスクを避けるための必要な費用

アパートは時間の経過とともに、さまざまな箇所の手入れが必要になってきます。修繕作業は、空室リスクを避けるためにも重要です。修繕をしなかったことで空室が発生してしまうと、安定した家賃収入が見込めなくなってしまいます。 このようなリスクを回避するためにも、定期的に修繕を行うようにしましょう。

修繕費用は経費計上できる

アパート経営を行ううえで発生した修繕費用は経費計上できます。経費計上することで、その分は課税対象外となります。 修繕費用を経費計上するうえで注意すべき点は、「原状の回復」「維持管理」のための修繕であるということです。例えば、外の階段が老朽化していた場合は、それを直す費用は修繕費として経費計上できます。ですが、外に階段がついていない状態で、新たに設置するとなると、「原状回復」「維持管理」の観点からは外れてしまい、経費としては計上できません。

修繕は事前に相場を知っておく

アパートの修繕を行う場合、事前に相場を知っておきましょう。相場を知っておくことで、適正な費用が見極められます。また、修繕を業者に依頼する際は必ず相見積もりを取ることが大切。相見積もりをとっておくことで、より適した業者を選べます。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る