アパート経営で大規模修繕工事にかかる費用、予算について

大規模修繕工事にかかる費用、予算

アパート経営では、所有するアパートが長く資産価値を維持していけるように、定期的に修繕工事を行うことが重要です。

修繕工事にかかる経費は少しずつ積み立てを行いながら備えるのが一般的ですが、大規模な工事にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、大規模修繕工事の費用の目安と内訳について詳しく紹介します。

アパートの大規模修繕工事にかかる費用の目安は300万から1,000万円

アパートの大規模修繕工事にかかる費用は、内容にもよりますがおよそ300万から1,000万円程度と言われています。

大規模修繕工事の場合、屋根を含めた外壁の塗装や張り替え、コーキングなどの補修のほか、防水工事などが行われます。経年劣化のほか、台風や地震によって被害を受けた箇所も修繕しなければならないため、予算にはゆとりをもっておくことがポイントです。

なお、大規模修繕工事以外にも適宜メンテナンスが必要になるのは、外壁や屋根などの塗装、外に面している部分(バルコニーや庭など)の防水工事などです。

劣化状況によってはコンクリートの敷き直しや打ち直しが必要になってしまいます。大規模修繕工事の前からこまめにメンテナンスを行っておけば、費用を抑えることも可能ですから、アパートの劣化状況は定期的に確認する必要があるでしょう。

大規模修繕工事にかかる費用の内訳

以下で、それぞれの工事にかかる費用の内訳を見ていきましょう。

足場の建設・設置

大規模修繕工事では建物の隅々まで補修を行うので、足場が欠かせないものとなります。1平方メートルあたり1,000円前後が費用の大まかな目安。

建物の規模によっては大規模な足場を組まなくてはならず、経費がかさむことを念頭に置いておきましょう。

外壁塗装工事

外壁にどのランクの塗料を用いるかによって費用が変わりますが、持ちの良い塗料を使えば建物を長く維持できます。

大規模修繕工事では塗料選びにも手を抜かず、次回のメンテナンスのことも考えて質の良い塗料を選びたいところ。費用としては1平方メートルにつき数万円程度をみておくと良いでしょう。

防水工事

屋上やバルコニーの防水工事は、それぞれの箇所の状態や手入れの状況、劣化の程度によって施工方法が変わります。費用の目安としては1平方メートルあたり数千円~数万円程度。

一部屋にバルコニーが複数箇所存在する建物では、バルコニーの数だけ防水工事が必要になります。共有部分についても同様で、屋上以外に防水工事が必要になる場所があれば、そこにも費用がかかります。

給水設備の交換

アパートの給水ポンプは、建物の規模や状況によって異なりますが300万円程度を見ておくと良いでしょう。それより安く交換できるケースが一般的ですが、工事の期間や作業員の人数によって費用が変動します。

給湯器の交換については、本体の費用に工事費をセットにした金額を算出します。1台につき10万円程度が相場となります。

エアコンの交換

エアコンも給湯器と同じく、1戸ずつの交換となります。1台あたり10万円程度が目安なので、部屋の数が10戸なら100万円になります。

床材の交換

通常のフローリングよりも少し柔らかい床材である「クッションフロア」や畳、カーペットなど、アパートの各住戸に敷かれている床材が劣化している場合、大規模修繕工事の際に交換が必要になります。

どこをどの程度交換するかによって費用が変わりますが、一度交換すれば10年以上の持ちが期待できます。

入退去時にこまめに張り替えを行うケースも少なくありませんが、クッションフロアの場合1戸につき5万円前後が目安に。畳の場合1畳につき1万円以上が目安となります。

ハウスクリーニング

建物内部のハウスクリーニングなら、普段手入れができないところまで細かく掃除することができます。1Kあたり3万円程度が相場となりますが、どこを掃除するかによって費用は変動します。

汚れを落とすのに時間がかかる水回りは、トイレや浴室を別にするのではなくまとめてパック料金になっているほうが安く済みます。せっかくのハウスクリーニングですから徹底的に汚れを落とし、入居者にとって魅力的な状態に回復させておきたいところです。

大規模修繕の予算と実施期間は早めに決めておくのが吉

大規模修繕を行うときは、建物のどの部分をどの程度手入れするかを事前に決めておく必要があります。急に修繕を頼みたいといっても業者の都合がつかなかったり、業者選びに苦戦したりと思うように進まない可能性も。

時間が経つほどに建物は劣化していきますから、季節や天候のことも考えながら早めに実施するのがポイントです。もちろん大規模修繕を頻繁に行うとそのぶんコストがかさんでしまいますし、住人にもストレスを与えてしまうので、早めにスケジュールの段取りを立てておくようにしましょう。

大規模修繕工事は10年から15年おきに行うのが一般的

大規模修繕工事はメンテナンスの状況にもよりますが、10年から15年に一度の割合で行うのが一般的です。15年以上の時間が経過している場合については、劣化した場所を中心にすぐにでも修繕工事を行っておいたほうが良いでしょう。

塗料の耐用年数もおよそ10年とされていますので、建物の老朽化の程度をみながら適切な時期に修繕工事が実施できるよう、予算やスケジュールにめどをつけておくことが大切です。

多額の出費を伴う大規模修繕工事は予算の見通しを立てながら計画的に

大規模修繕工事は多額の費用を伴います。スケジュールについては前もって期日を決め、業者と打ち合わせをしておく必要があるでしょう。

外壁や屋根の塗装などのメンテナンスを適宜行っていれば、大規模修繕工事の際に費用を抑えることも可能です。予算の見通しを立てながら計画的に大規模修繕工事に備えていきましょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る