成功する人の副業の考え方

成功する人の副業の考え方

「副業解禁の流れに乗って自分も副業を始めたいが、どうせやるならぜひとも成功させたい」と思っているのであれば、「成功のために知っておくべき考え方」を理解しておくことが大切です。

ここでは「副業するにあたってどんな考え方が必要なのか」についての説明と、具体的なおすすめの副業紹介もしていきます。

成功する副業の考え方は「本業重視」と「長く続けられる」こと

副業で成功するために特に必要となる考え方として挙げられるのが、

  • あくまで本業を重視し、副業が本業に支障をきたさないようにすること
  • その場しのぎの稼ぎではなく、長く続けられそうな副業を選ぶこと

2点です。

本業に大きな影響をきたす副業は本末転倒

副業で成功するための考え方として第一に挙げられるのが、「副業はあくまで副業としての範囲にとどめ、本業に影響を与えないようにする」ということです。

たとえば会社員が「日中の本業勤務が終わってから早朝までコンビニでバイトする」などというような副業を続けていては、バイトによる疲労が本業に大きな悪影響を与えてしまうリスクが高まり、メインである本業がないがしろになるという本末転倒な結果を招きかねません。

このようなケースで万が一本業の会社から解雇されてしまった場合、裁判で戦ったとしても「本業の余暇利用というアルバイトの域を超えている」と判断され、負けてしまう可能性が高くなります。つまり、長時間拘束される仕事や、体に大きな負担がかかる仕事は副業には向かないということです。

その場しのぎの副業ではリタイア後には役に立たない可能性が高い

副業について「本業だけでは不足気味な収入を補うためのものだから、その内容にこだわらず、手当たり次第、その場しのぎでもいいので稼げる手段を探す」という人も少なくありませんが、そうした考え方で始めた副業は心身ともにすぐにつらくなることが多く、長続きしません。

副業をその場しのぎではなく、本当の意味で成功させたいなら、長く続けられるものを選ぶことが非常に重要となってきます。長く続けられる副業をうまく見つけられれば、リタイア後も年金で足りない分をサポートできる手段として役立てられるというメリットも得られますので、この考え方は非常に重要です。

本業に支障をきたしにくいおすすめの副業は不動産投資

副業で成功するために大切な考え方は「本業に支障をきたさないこと」と「長く続けられるものである」ということですが、この2つの条件を満たせる可能性が高いおすすめの副業として挙げられるのが、不動産投資です。

不動産投資は、最初の立地・物件選びなどの段階ではある程度手間がかかります。しかし、入居者が決まればそこから先は家賃収入を安定的に得られるという流れになるので、他の副業よりも手間がかからない状態でずっと続けられるというメリットがあります。

また、不動産投資自体が「数十年という長い期間を視野に入れて行うものである」ということも、老後を見据えた「長く続けられる副業」としておすすめできる理由です。

「本業に支障をきたすような長時間拘束などがなく、余暇でできる副業」といえば、不動産投資の他にも動画投稿や株の信用取引やFXなどが挙げられますが、これらはあまりおすすめできません。

たとえば動画投稿は「安定して動画人気を保てるのはほんのわずかな人だけ」というのが現実ですし、株式投資やFXは副業というよりもマネーゲームのような状態になりがちで「レバレッジをかけて投資をした結果失敗して、収入どころか借金を背負ってしまう」というケースも少なくありません。

その点不動産投資は、立地・物件選びの段階から不動産投資会社にサポートしてもらえば、入居者が決まらないリスクがぐんと減らせるのでかなりの安定感があります。また、長年続けたあとにいよいよ売却をする、となった場合でもいくらかの売却代金が手に入るという強みがあります。

副業解禁が広まるこの流れの中でチャンスを活かそう

近年は多くの企業で副業解禁の動きが出ており、副収入を求めたい人にはうってつけの時代になってきています。ただし、副業を成功させるためには、本業に悪影響を与えないことや、長く続けられる副業を選ぶという考え方をもつことが大切です。

そうした考え方のもとで、特におすすめできる副業として挙げられるのが、長期的に安定した家賃収入を得られる不動産投資です。

不動産投資会社に立地や物件選びのサポートをしてもらいながら、長く入居者からの人気を得られる物件を手に入れれば、リタイア後の安心感まで得られる絶好の副業とすることができるでしょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る