「滝藤賢一のCMで話題!IoTマンション経営「SYLA」とは?」

滝藤賢一さんCMキャラクターがとなり、一人三役で出演している「SYLA(シーラ)という企業のCMがリリースされました。

滝藤賢一さんといえば、映画『クライマーズ・ハイ』で注目され、ドラマ『半沢直樹』など活躍の場を広げている、脂の乗り切った俳優さんですよね。

SYLAのCMでは一人三役を器用にこなし、「SYLA!」を連発するコミカルな演技につい見入ってしまいます。

 

SYLAは東京のマンション経営や不動産投資を扱う企業で、マンションオーナーなら知っておきたい企業の一つです。

滝藤賢一さんのプロフィールやCMの設定、SYLAとはどのような企業なのかについて、詳しく見ていきましょう。

 

滝藤賢一で話題「SYLA」のCMがこちら!

 

滝藤賢一さんが個性的なキャラクターを一人で三役こなす、SYLAのテレビCMの放送が開始されました。

そのCM放送の内容を振り返ってみましょう!

 

https://syla.jp/

 

SYLAのホームページトップ画像にもあるとおり、滝藤さんは三人のCMキャラクターを演じます。

若いビジネスマンの男タキトウケンジ氏(32)と、もじゃもじゃパーマのクリエイティブ職系の男タキトウケンゾウ氏(38)がお洒落なバーでお酒を飲んでいるところに、SYLAイメージキャラクターのタキトウケンイチ氏(43)が颯爽と登場します。

 

 

 

 

若いビジネスマンのケンジ氏が「そろそろ資産運用とか考えた方がいいのかな?」とケンゾウ氏に相談するところから、CMはスタートします。

 

 

そこに「資産運用をお考えなら、SYLAのIoTマンション経営を始めませんか?」と言いながらスッと現れるのが、タキトウケンイチ氏です。

そして、マンションのハンズフリーキーや・・・

 

 

テレビ、お風呂もアプリで操作可能!」など、SYLAのIoTマンション経営のメリットを次々と紹介します。

 

 

そこで、年長者のケンゾウ氏が落ち着いた声で、「でも、マンション経営って空室リスクとかあるんじゃないの?」と聞くや否や・・・

 

ケンゾウ氏が最後まで言い終わる前に、ケンイチ氏は「SYLAの入居率は99.8%ですよ!!」と明言!

 

実際、マンションの入居率が99.8%ってすごいことですよね。

SYLAのIoTマンション経営とは、一体どのようなものなのか気になるところです。

 

タキトウケンイチ氏がイメージキャラクターを務めるSYLAのテレビCMの動画をまだ観ていない方は、こちら(https://www.youtube.com/watch?v=e-kt5kXu2v0&feature=youtu.be)からどうぞ!

 

CMキャラクター・滝藤賢一さんのプロフィール

 

滝藤賢一さんは、1976年11月2日生まれの俳優です。

高校を卒業した後映画監督になるべく上京しましたが、映画『バレット・バレエ』に出演したのをきっかけに、俳優としての道を歩み始めます。

舞台俳優として活躍していましたが、映画『クライマーズ・ハイ』に出演したことで注目され、その後ドラマや映画に活躍の場を広げていきます。

ドラマ『半沢直樹』では、堺雅人さん演じる半沢直樹のよき理解者の銀行員、近藤直弼役を演じ、本格的にブレイクしました。

 

CM紹介している「SYLA」ってどんな会社?

 

CMで紹介しているSYLAとは、どのようなサービスを提供している会社なのか、基本的な情報を見てみましょう。

 

不動産売買、マンション開発、賃貸管理、建物管理

 

SYLAが扱う事業は、主に不動産売買やマンション開発、賃貸管理、建物管理です。

タキトウケンイチ氏のCMでも言っているとおり、IoTマンション経営に強みを持っています。

 

資産運用にはさまざまな方法がありますが、比較的少ないリスクで始められるのが、不動産投資です。

不動産投資では、空室にしないためにも、需要の高い物件を購入することが大切です。

最新のテクノロジーを利用した物件は、人気が高くなります。

ハンズフリーキーや家電のアプリ操作など、先進的なマンションを経営したいなら、SYLAがおすすめです。

 

SYLAのこだわりとは?

 

SYLAには事業を行う上で、多くのこだわりがあるようです。

それはどんなものなのか、見てみましょう。

 

・SYLAの想い

https://syla.jp/about/thought/

 

SYLAのホームページは、他企業と比べると非常にスタイリッシュです。

それもそのはず、SYLAには、三人の建築界の巨匠への強い想いがあるからなのです。

三人の巨匠から学んだ物創りや不動産投資、そして、ひとづくりの想いをベースに、SYLAは事業を展開しています。

 

・物創りへのこだわり

https://syla.jp/about/systemaflow/

 

SYLAには物創りへの強いこだわりがあり、それが99.8%という高いマンション入居率を実現しています。

SYLAが扱う不動産物件は、仕入れから建築、営業、業務、建物管理、賃貸管理というプロセスを大事にすることで、高い品質を保っています。

それが、高い入居率へとつながっているのです。

 

・安心へのこだわり

 

不動産物件を扱う事業者として最も重要なのは、住む人が安心できることです。

SYLAは安心へのこだわりも強く持っており、構造検査に特に力を入れています。

 

SYLAの物件の入居率は99.8%!

https://syla.jp/about/highlight/

 

ケンゾウ氏もCMで言っているとおり、不動産投資で一番気になるのは空室リスクです。

空室になってしまうとその間は収入がなくなってしまうため、いかに空室を少なくできるかが大切です。

 

SYLAはホームページで毎月の入居率を公開していますが、いずれも98%以上と非常に高いものです。

マンションオーナーなら、SYLAに管理を任せてみたいと思うのではないでしょうか?

 

不動産運用体験セミナーを毎週開催!

 

SYLAでは、毎週不動産セミナーを開催しているようです。

不動産運用や利益配分制ファンドなど、不動産売買をしたい人や不動産オーナーが知りたいノウハウを、セミナーで得ることができます。

資産運用、不動産投資にご興味のある方は、参加を検討してみてはいかがでしょうか。

 

余 談

 

SYLAの社長が今回のCMキャラクターである滝藤賢一さんと似ていると感じるのは私だけでしょうか。

 

代表取締役:湯藤 善行

 

まとめ

 

滝藤賢一さんが出演するCMはいかがでしたでしょうか?

IoTマンション経営に強みを持つSYLAのことが、ご理解いただけたと思います。

 

マンション経営をはじめ、不動産投資では、投資会社選びが非常に重要です。

そこで、厳選された複数の投資会社を比較でき、不動産投資のプロフェッショナルからの助言も得られる比較サイトの利用もおすすめです。

SYLAのような優良な不動産投資会社を比較したい方は、こちらhttps://fudousantoushiからどうぞ。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る