新型コロナで問合せ急増!モゲチェック不動産投資の「バウチャーサービス」を紹介

今、新型コロナの影響を受けて問合せが急増している、モゲチェック不動産投資の「バウチャーサービス」による方法をご存じでしょうか?

不動産投資のまったく新しい形である「バウチャーサービス」は、新型コロナで人と直接かかわれない状況ですからこそ、脚光を浴びているサービスです。

ここでは、不動産投資への動きが高まっている現状、バウチャーサービスとは何か、なぜバウチャーサービスが注目を浴びているのかをご説明します。

不動産投資に興味を持っている方は、新たなチャンスを得られるかもしれませんよ!

 

新型コロナウイルスの影響で不動産投資への興味が活発化!


新型コロナウイルスの影響により、不動産投資に興味を持つ人が急増しています。
「コロナの影響で投資どころじゃないのでは?」「不景気な世の中に投資なんて……」と考える方も多いかもしれません。

しかし、実際に不動産投資への動きが高まっているのも事実です!
新型コロナの影響下で、不動産投資の状況がどうなっているのかを見てみましょう。

 

「ステイホーム」で在宅時間が増え、投資に興味を持つ層が活発化した

新型コロナウイルスが猛威を振るい、「ステイホーム」を余儀なくされています。
もともと投資に興味を持っていた層が、不動産投資の情報をじっくりと収集できる時間が増えました。
その結果、不動産投資を始めたいという人が増えていると考えられます。

 

不動産価格が下がることが予想される

新型コロナウイルスの影響で景気は後退し、不動産の売却が進む中、不動産価格は今後下がっていくと予想されます
そこを買いどきと狙って、不動産物件を購入したいと考える不動産投資家が増えています。

 

価格変動が少ない不動産投資の人気が高まっている

先行き不透明な状況の中、株価の変動が非常に読みづらい状況です。
しかし、不動産投資は株式投資に比べると価格変動が少ないため、人気が高まりつつあるのです。

確かに、ホテルやテナント、オフィスなどは景気の悪化を受けて収益が悪化しており、投資対象にしづらい状況です。
その一方で、マンションなどの居住用物件の需要はなくなることはありません。

生活する場所は必ず必要ですし、「ステイホーム」の風潮から住宅の需要はむしろ高まっています
そのため、価格変動が少ない居住用物件は手堅い投資対象とも考えられています。

このような状況下でも、価格変動が少ない不動産投資は、投資対象をしっかりと吟味すれば手堅い投資手段です。
不動産投資に興味を持つ人が増えているのは、このような背景があるからとされています。

 

モゲチェック不動産投資は「バウチャーサービス」の申込者数が2.3倍増に!

引用:モゲチチェック不動産投資

モゲチェック不動産投資とは、物件を購入するために「バウチャーサービス」を活用できることが特徴です。
新型コロナウイルスの影響で、このバウチャーサービスの申込者数が何と2.3倍も増加しています

新型コロナの影響がまだそこまで大きくなかった2020年1月の申込者数は131人でしたが、2020年5月には、298人に増加しました。

バウチャーサービスを手掛けているのは、「株式会社MFS」です。

株式会社MFSは2009年7月に設立され、最適な住宅ローンを組めるよう、金融機関の紹介や相談、申込み手続きなどのサポートを、オンライン上で行うサービスを展開しています。

「モゲチェック不動産投資」とは、MFSのサービスブランド名で、2018年10月から開始したオンライン完結型の不動産ローンサービスです。
不動産物件の購入や不動産ローンの借換えをオンライン上の手続きだけで行える、まったく新しいサービスとして注目を集めています。

投資物件を購入したいユーザーは、手数料無料で投資可能額の範囲内で最適な物件を検索できます。
しかも、金利は国内最安水準の1.575%~、頭金0円で、不動産投資ができるのです。

他にも、ローンの借換え手続きサービスもあります。
もちろん、オンラインサービスですので、自宅にいながら物件の検討や借換えの手続きが可能です。

一般的な不動産投資では、物件購入者をセミナーなどで集め購入希望者を募りますが、今はそれが難しい状況です。
しかし、モゲチェック不動産投資なら、オンライン上ですべての手続きが完結します

そのため、問合せが急増し、申込者が急激に増えている状況なのです。
モゲチェック不動産投資は、今の時代に合った新しい不動産投資の形といえるでしょう。

 

モゲチェック不動産投資の「バウチャーサービス」とは?

引用:モゲチチェック不動産投資

「バウチャーサービス」とは聞きなれない言葉ですが、いったい何なのでしょうか?
バウチャーサービスとは何か、そもそもバウチャーとは何かから詳しくご説明しましょう。

 

そもそも「バウチャー」って何?

バウチャーとは「借入可能額証明書」のことで、物件を購入したいユーザーが現時点で借り入れることができる額を表したものです。

不動産物件を購入する際には、不動産投資ローンの借入可能額を正しく把握する必要があります。
このとき必要なのが、バウチャー(借入可能額証明書)なのです。

バウチャーサービスを利用すれば、バウチャーを事前に発行することで不動産投資をスムーズに進められます。

 

モゲチェック不動産投資の「バウチャー発行サービス」が注目される理由

モゲチェック不動産投資の「バウチャー発行サービス」が注目される最も大きな理由は、最初に借入可能額がわかるということです。

普通、不動産投資をする際には、「購入物件を決める→ 金融機関から融資の審査を受ける→ 融資を受けて購入する」という流れです。

しかし、この流れですと、せっかく良い物件が見つかっても金融機関の審査が通らないこともあり、投資が見送りになったというケースもよくあります。
不動産投資の話がまとまるまでには、時間がかかるのが普通でした。

しかし、モゲチェック不動産投資なら、バウチャー発行サービスにより最初に借入可能額がわかります。
そのため、借入可能額の範囲内で物件を探せば、スムーズに購入手続きに進めるということなのです。

さらに、モゲチェック不動産投資の大きな強みとして、金融機関との連携が挙げられます。

事前審査の段階で金融機関と連携していますので、借入金利や借入可能額の精度が高いのです。
また、借入金利は国内最安水準の1.575%~ですし、借入可能額以下なら頭金が0円でも購入が可能です。

個人で不動産投資をしますと、物件や不動産会社の検索、金融機関への融資の申込など、手続きが煩雑で時間もかかります。
もちろん、売却時にも多くの手続きがあります。
しかし、モゲチェック不動産投資なら、物件購入から売却までをワンストップでサポートしてもらえますので、安心です。

 

「借換えサービス」でカンタン・便利に借換えもできる!

モゲチェック不動産投資では借換えサービスも利用でき、購入時と同様にカンタン・便利に手続きができます。
特別金利の1.575%で借換えができ、銀行の選定や手続きを代行してもらえます。
不動産投資家にとって、かなり使い勝手が良いサービスといえるでしょう。

 

まとめ

モゲチェック不動産投資のバウチャーサービスで事前に借入可能額をはっきりさせることで、物件購入がとてもスムーズです。

しかもテクノロジーを活用した技術で、オンライン上で物件や不動産会社の検索から購入手続きまでをワンストップでできます。

新型コロナの影響下でもオンライン上で手続きができることから、問合せが急増しているサービスです。

不動産投資に興味をお持ちの方は、「モゲチェック不動産投資」を利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る