不動産投資会社は何を基準に選べばいいのか?

不動産投資の成功は不動産投資会社が握っている

近年不動産投資に注目が集まっています。
ポピュラーな方法は自己資金で、あるいは融資を受けてマンションを購入して家賃収入を得ることですが、少額の資金で始められる投資ではありませんから不安がある方も多いのではないでしょうか。
融資を受けて始めても家賃収入を返済に充てることができるために入居者さえいれば返済の負担はなくなり余剰分は収入となりますが、それも入居者がいてこそです。
また、入居者の管理や家賃の集金、部屋のメンテナンスなど管理業務を行うとなると副業で行うのは大きな負担になり本業に支障をきたすことにもなりかねません。

そこで活用したいのが不動産投資会社です。

不動産投資会社に管理を依頼することでマンション経営に必要となる労力を軽減できます。
また、不動産管理会社は数多くの物件を持っていますから、その中から投資物件を選ぶこともできます。

しかし、不動産管理会社ならどこでも良いというわけではありません。
管理の対応が悪く入居者とのトラブルが多ければ悪い評判が広まって入居者が集まらなくなりますし、自社の利益を優先して悪質な物件を押し付けてくる会社もあります。
不動産投資で成功するために大切なのは優良な不動産投資会社を選択して依頼することです。
では、その選択の基準とはどのようなものでしょうか。

優良な不動産投資会社を選択する基準とは

物件の購入からマンション経営の管理業務までを依頼するわけですから不動産投資会社は何よりも長期にわたって信頼関係を築ける会社を選択することが大切です。

まず、不動産投資会社としての実績や企業情報が1つの選択基準となります。
資本金や従業員数、社歴などを確認して経営の信頼性や安定性、成長力を判断しましょう。
さらに、顧客対応力も選択基準の1つになります。

物件の購入時においては顧客一人ひとりのニーズや実情を汲み取って提案してくれるかがポイントです。
メリットだけではなくデメリットやリスクもきちんと説明してくれる会社を選びましょう。
また、一時的な投資ではありませんから長期的な視点で提案してくれる会社を選ぶことも重要です。

物件購入後の管理においてはしっかりしたネットワークを持っているかがポイントになります。
入居者がいて初めて収入になりますから仲介業者との強いパイプを持っているに越したことはありません。
過去の募集状況や入居実績を確認しましょう。

そして何よりも物件の購入、管理にかかわらず親身になって相談にのってくれるかどうかが重要なポイントです。
依頼するのは企業であっても対応するのは人です。
スタッフの対応が悪ければ安心して任せることができません。
人を見て不動産投資会社を選ぶことも大切です。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る