不動産投資が失敗する3つの要因とやるべき対策

人気のある不動産投資ですが、誰でも儲かるというわけではなく当然ながらリスクもあるものです。
失敗する要因とそのための対策を知っておくことで、不動産投資で成功する確率を上げることができます。

自分の許容範囲内の物件を選ぶべき

不動産投資はどんな物件を買っても利益を出せるというわけではありません。

特に銀行から融資を受けて不動産投資をする場合に一番大きなリスクが空室リスクです。

ローンを組んでいる場合、その返済のための原資は家賃収入です。さらにローンでは金利の支払いも発生しますので、大きな負担となってしまいます。投資用の不動産のためのローンは通常の住宅ローンより金利も高いです。

もし空室が増えてしまえばローンの返済は、自分の預貯金や他の収入から捻出する必要があります。収入を得るために始めた不動産投資が、自分の足を引っ張ってしまう可能性があるのです。ですからいくら融資が可能だとしても、自分の許容範囲を越えた予算オーバーの物件には手を出してはいけません。

余裕があるのなら少しでも早めにローンの返済をして、ノーローン状態で不動産投資をするのが理想的です。


現地をしっかり確認して慎重に選ぶべき

空室リスクを抑えるためには、不動産選びが何よりも重要です。

不動産投資では空室が増えるほどに収入が減ります。安いからと安易に選ぶのではなく、住みやすい環境・立地、どういった客層の人が借りるのかと借り手目線になって選ぶ必要があります。不動産投資における失敗は、この選択の時点で間違っているのです。

中には事件・事故物件だから安くなっている場合もあります。事件・事故物件を気にしないという人も中にはいますが、確実に不動産の価値は落ちてしまいます。不動産選びは一番重要ですのでお得物件だからと慌てて契約したりせずに、失敗しないためには現地でしっかり不動産自体を確認する必要があるのです。


修繕費のことまで考えておく

周囲の環境はもちろん、その不動産自体の状態も把握しなくてはいけません。

不動産は経年劣化していきますので、所有し続けるということは修繕費用も必要になります。適度に手入れしていかないことには、また空室になってしまうこともあります。最初から状態が分かっているのならともかく、いくら安くても修繕費用が掛かりすぎては元を取るまでに時間もかかります。

また天災のような不測なことが原因で修繕が必要になることもあります。天災に関しては保険に加入することもできますので、万一を考えるなら加入しておくと安心です。修繕費は必ず掛かってくるものですので、家賃収入のうちから毎月きちんと積み立てておきましょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る