不動産投資は20代から始めるのがおすすめ

不動産を持ち、利益を出すという生活に憧れる人は多いです。
しかし不動産投資は中高年以降というイメージを持つ人もまた多く、踏み出すには勇気が必要です。
ただ近年では若いうちから興味を持ち、20代から始めることによるメリットがとても多いという見方もあります。
どのような利点が得られるのか、少し具体的に見ていきます。

長期のローンを組むのに有利

不動産投資はローンを組むのが一般的です。
20代から始めれば、仕事を定年でリタイアするまでの期間が長く、融資期間を長く取れます。
年齢を重ねてからの投資だとこうはいきません。
また、日本政策金融公庫の支援金を受けることもできます。
主に35歳未満か55歳以上または女性を対象としている女性若者・シニア起業家支援基金を利用できるので、不動産投資の融資を受けることもできます。
7200万円の限度額はあるものの、固定金利で1%から2%の低金利で融資を受けられます。

長期で保有すれば売却益を得られる可能性が高くなる

不動産投資の実践者が増加傾向にある昨今、いわゆる掘り出し物は見つけにくくなっています。
また、物件を手に入れるためにはリサーチや現地調査、金融機関への融資申し込みなど色々なハードルがあり、希望の物件をすんなり手に入れるのは至難の業です。
何十件も申し込んでは断られるという事態もザラです。
苦労して手に入れた不動産は高騰したり下がったりします。
20代で不動産投資をすれば長い目で見ることができ、保有物件の売却益を狙える可能性は上がります。
売らずに保有し続け、家賃収入でキャッシュフローを受け続けるのも良いです。

収入があれば精神的に楽

不動産投資を若くして行えば、本業で働きながらもその他の収入を得ることができます。
気持ちには余裕が生まれ、仕事で嫌なことがあった場合などでも受け流すのが上手になります。
万が一本業でリストラなどにあった場合でも収入の柱がもう1本あれば安心です。
このメリットは、収入の額にかかわらず受けられる面が多く、月々の利益は少なくても精神的な余裕は生まれやすくなります。
気持ちに余裕ができることで仕事面だけではなく、生活全てにポジティブになれる人は多いです。
心は穏やかになり、人間的な魅力が増します。

若いうちから不動産投資を行う事は、融資期間を長く取ることができます。
若者ならではの支援金などもあり、有利な面は多いです。
保有物件の売却益を狙える可能性も高くなりますし、家賃収入で生活を豊かにすることだってできます。
精神的な余裕も生まれ、日々を穏やかに過ごせるのもメリットです。
まだ20代だから早い、ではなくもう20代だから始めるべきと考えた方が賢明です。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る