余裕のある40代から始める不動産投資

不動産投資はなるべく早い時期から始めるのが効率的です。
20代ではまだ収入が少ないため、ローンの審査が厳しい場合もあります。
収入に余裕が出てきた30代や40代はローンの審査も通りやすく、不動産投資を始めるには最適の時期です。
元手となる資金が少ない場合でも、安定した収入があればローンを活用して効率的に不動産投資ができます。

40代で不動産投資を始めるメリット

不動産投資は一般的にミドルリスク・ミドルリターンであると言われています。
株式投資などと比較するとリスクが少なく預貯金と比較するとハイリターンです。
リスクを抑えながら、安定した資産運用ができるというメリットがあります。
確かに投資用の不動産は市場価格が下落することもありますが、長期的に安定した家賃収入を得ながら値上りを待つことができます。
毎月安定した家賃収入を得られる点に不動産投資の大きな魅力があります。
怪我や病気などで働けない場合でも収入があるので安心です。

ローンを活用して効率的に不動産投資を行う

不動産投資はローンを活用するのが一般的です。
投資用ローンは不動産を担保にするため、元手となる資金が少なくても融資を受けることができます。
マンションやアパートなどの物件を運用すると、毎月安定した家賃収入があります。ローンは家賃収入で返済できるので、生活に負担となる心配がありません。
さらに定年になるまでにローンを完済してしまえば、その後は家賃収入で年金を補うことが可能となります。
40代で不動産投資を始めれば、効率的に老後の生活を支える資産を形成できます。

安定した資産運用ができる

マンションやアパートなどへの投資は、安定した資産運用ができる点に魅力があります。
不動産への投資は長期的な視野に立って行うのが基本です。
株式投資などと違い長期的に資産運用を行うことから、短期的な市場価格の変動から大きな影響を受ける心配がありません。
毎月家賃収入があるので、長期的に値上りの時期を待って売却することができます。
もちろん優良物件であれば、売却せずに保有し続けるという選択肢もあります。
さらに不動産は相続税の計算の際に現金よりも評価額が低いため、節税効果を期待できるというメリットも存在します。

不動産投資は少ないリスクで安定した資産運用ができる点に魅力があります。
マンションやアパートなどを購入する場合には、ローンを活用するのが通常です。
収入に余裕のある40代ならば、審査に通過するのも難しくはありません。
不動産自体が担保となるので、少ない元手で融資を受けられます。
毎月安定した家賃収入があり、効率的に資産を形成することができます。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る