30代、不動産投資はじめませんか?

30代は不動産投資を始めるのに丁度良いタイミングであると言われています。
しかし、成功が保証されている投資ではないため、本当に適しているのか理解してから行った方が安全です。
そのため、なぜこの年代から不動産投資をするのが良いのか理由を知り、自分の現在の状況と合わせて始めた方が良いのか検討してみると良いでしょう。

不動産投資は早ければ良いものではない

投資用物件は高額になるため、一般的にローンを利用するのが前提になります。
返済期間も長くなるため、できるだけ早く始めた方が良さそうに見えます。
しかし、20代ではまだ収入が少なく、仕事も始めたばかりなので安定性もありません。
利息の負担も大きくなるため、生活が圧迫されるなどの問題があり、必ずしも早ければ楽になるものではないです。
30代になれば収入も増えて安定しているため、ローンにも対応しやすくなっているため、始めるタイミングは丁度良いと言えます。

ローンの審査に通りやすい

不動産投資でローンを組むときは、審査でその物件の収益性や資産価値も見られますが、返済不能になったときに売却しても完済できないことがあるため、本人の収入も関係します。
金額だけでなく安定性も重視されるため、20代と比べて年収が上がり、勤続期間も長い30代であれば金融機関から信用が得やすいのがメリットです。
頭金は多い方が有利ですが、30代であればまだ長期的に働いて収入を得ることができるので、ある程度の貯金ができるまで待つよりもすぐに始めた方が早く完済できます。

定年までにローンを完済できる

不動産投資でローンを組むと返済期間は20~30年程度になるため、定年する頃には完済できる見込みです。
それ以降はこれまでローンの支払いで発生していた支出がなくなるため収入が増えます。
年金が十分に支給される見込みのない現代では、不動産投資で老後の資金を自分で用意しておいた方が安心です。
もし生活費に余裕ができているのであれば、繰り上げ返済を行えば早期に完済して利息を減らすこともできます。
家賃収入を活かして定年前に仕事をリタイヤして自分のやりたいことに挑戦もできるようになります。

30代が不動産投資を始めるタイミングに適しているのは、収入が上がって安定しており、頭金がなくても定年までに無理なく完済できる見込みがあることが理由です。
逆に言えば収入が少なく、雇用形態も不安定であればローンの審査に通るのが難しくなり、借りられても返済の負担が大きくなるので投資を行うべきか慎重な検討が必要です。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る