クラウドファンディングで不動産投資

不動産投資に興味があるものの、不動産業者まで出向くことに面倒くささを感じている方やリスクを考えて出来るだけ少ない金額から始めたいと希望している方は少なくありません。
そんな方に向いているのがクラウドファンディングタイプの不動産投資であり、ネットで簡単に投資を開始できる、少額から始められるなどといったメリットがあることで知られています。

そもそもクラウドファンディングとは何か

大前提としてクラウドファンディングとは、インターネットを通じて見ず知らず方々から投資に近い出資を募り、集まったお金を元に商品の開発や事業展開などを行うというプロジェクトシステムのことを指します。
個人で行うことも可能なら企業が行うことも可能で、知名度は低いものの利回りが良かったり安定性が高い不動産投資を紹介して出資者を応募するようなことも出来ます。
ソーシャルレンディングのマッチングシステムとしても活用しやすいことから、ネットでの不動産投資に向いているとされてもおります。

1万円くらいから投資が始められます

ソーシャルレンディング運営会社が手数料を徴収することもありますので必ずとは断言できませんが、クラウドファンディングでの不動産投資は最少額が1万円に設定されているようなものもあるため、1万円くらいから投資が始められるといったメリットがあります。
何百万円も用意しなければ出資者になれないような不動産投資と違い、最悪の場合完全に無くなってしまっても構わないお小遣いの範囲で資産運用ができるという利点があるのです。
年収の低い方でも始めやすいものと捉えておいてください。

リスクがあることも知っておくべきです

全ての投資や資産運用に対しても同じことが言えますが、不動産投資には元本割れを引き起こすなど資産がマイナスになってしまうようなリスクがどの商品にもあります。
100パーセント絶対にお金が増やせるようなものではないということを、基礎的な知識として知っておくべきだと言えるでしょう。
利回りが高い、安全性が高いなど人気のある不動産投資商品は、すぐに募集している人数や金額が集まって終わってしまうということも珍しくないので、いつでも自由に投資を開始できるわけではないことも合わせて記憶しておくべきです。

クラウドファンディングでの不動産投資はインターネットを介して手軽に、しかも少額から始められるため非常に便利です。
しかしその反面でお金が減ってしまうようなリスクもありますので、まずは様子を見ながら余裕資金を投じるような投資方法がおすすめだと言えるでしょう。
上手に利用すれば資産を大きく増やせる可能性がありますが、最初は慎重に投資を行ったほうが無難だからです。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る