東京の不動産投資は今後も安泰?

東京が不動産投資に向く理由

2020年に東京オリンピック招致が決定してから日本の東京都に世界が注目し、中国や韓国からは観光や買い物に来る人が多く、「爆買」という現象も起こりました。
開幕に向けて開発は進み、交通インフラの整備が進むため、日本の首都である東京都が大規模な投資により急ピッチで行われています。
バブル崩壊後、土地の価格が下落していましたが、再び上昇をはじめました。
政治や経済、金融、交通網が集中する東京では不動産投資が活発に取り組まれています。
オリンピック後にはリニア中央新幹線の開通に向けて周辺の都市開発も進んでいることから、世界中の投資家が日本の首都東京に注目し、不動産投資にも関心を向けます。
不動産投資には実際に不動産を持つのではなく投資家から集めた資金を不動産投資に回す、リートという金融商品もあり、注目されています。

東京での不動産投資の需要の高さ

東京は日本の首都で、ここには日本企業の本社機能が多く、経済の中心とも言われています。
都市部の経済と地方経済の景気に乖離が生じる現在、大学卒業後に東京での就労を希望する人は多く、学生やビジネスマン、OLなど多くが地方から来た人です。
学生を対象にしたアパート、ビジネスマンやOLを対象にしたマンションでとくにワンルームマンションの需要が高いです。
女性専用でセキュリティが万全、ペット可、オール電化などの物件は女子大生やOLに人気が高いです。
東京の家賃相場は地方に比べると高く推移しており、常に需要があるエリアでは賃料の値崩れが無く、退去後も空室になる期間が短い傾向がみられ、ランニングコストをかけても十分に利回りが得られるため東京で不動産投資を考える人が多いのでしょう。

どのようなリスクがあるのかも考えておく

東京は2年後のオリンピック招致によるインフラ整備やリニア中央新幹線の開通と今後も開発が目白押しで、不動産投資がしばらく安泰と思いますが、投資には様々なリスクがあります。
東京で不動産投資に取り組む際に大きな資金を必要とします。投資資金が大きければ大きいほどリスクは高くなります。
これだけ経済や金融の中枢が集中した都市で大型の地震発生や、近年囁かれる富士山の噴火、隣国からの軍事攻撃など地政学リスクが考えられ、万が一それらの有事が発生した場合、都市機能は麻痺します。
都市部では様々な事件も発生します。対象となる物件で人の生命に関わる事件が発生すると賃貸物件としての価値を無くします。
空室ができると収支のバランスが崩れるため、予め十分な資金とリスク情報を集めておく必要があります。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る