不動産投資の借金は怖くない?避けて通れない借金のこと

区分所有権なら不動産投資の借金も怖くない

不動産投資には、アパート1棟やマンション1棟など、住宅を丸ごと購入して投資するやり方だけでなく、マンションの区分所有権を利用した1部屋だけの不動産投資のやり方もあります。
アパート1棟やマンション1棟ともなると、数億円もの費用が必要になる、とても不動産投資が出来ないと感じる人も多いものです。
しかし、マンションの区分所有権の場合は、1部屋を購入して賃貸として貸し出すことになるので費用もそれほど多く掛かるわけではありません。
区分所有権の場合は、分譲マンションを購入して住まいの場にするのと同じですから、ローンを組むことで頭金が少ない場合でも不動産投資をスタートさせることが出来ます。
ちなみに、この場合のローンは自ら住む家ではないので、住宅ローンは利用出来ないことを把握しておきましょう。

家賃収入を利用して返済

区分所有権でもローンを組むことになるため、借金を抱えることになります。
アパートやマンション1棟の場合も、毎月の返済をしっかり行う計画を立てなければ借金返済が困難などのケースも出て来ます。
一般的に、不動産購入時に利用する住宅ローンは年収の6倍などを目安にして借入れることになりますが、不動産投資に利用出来るローンの場合は、不動産の担保価値に応じて高額融資を受けることも可能です。
但し、融資を受ける=借金をする、と言うことには変わりありませんので、返済が困難になった時にはどうすれば良いのか、色々な不安も付いて回ります。
しかしながら、不動産投資は家賃収入が毎月あるので、この収入を利用して借金を返して行くことが出来ます。
これは住宅を購入する時との大きな違いであり、不動産投資の借金は家賃収入で返すことが出来るメリットを持ちます。

空室対策を万全に行うことがポイント

家賃収入は1部屋よりも、アパート4部屋、マンション20部屋などのように部屋数が多くなればなるほど増えることになります。
仮に、不動産投資でマンション1棟を購入した場合、部屋数が20部屋で毎月の賃料が8万円であれば、1ヶ月に160万円の収入を得られるわけです。
ローンを組んで物件を購入したとしても、家賃収入から借金返済を行えば返済が困難になってしまうリスクは限りなく小さくなるわけです。
但し、この収入は入居者がいる場合に得ることが出来るものですから、退去者が出る時には事前に入居者の募集を行うなど、空室対策を万全にしておかなければなりません。
尚、不動産投資を進める中で、入居者同士のトラブルや家賃の滞納などが生じることもあります。
管理会社に委託を行えば、こうしたトラブルの代行、空室対策なども行って貰える安心感があります。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る