不動産投資会社の賢い選び方

不労所得や資産運用の筆頭として近年注目を集めている不動産投資。 投資というとなんだか難しそう…というイメージがありますが、正しい知識を持って取り組めば初心者でも堅実に運用していくことが可能です。 ただ、必要な知識やノウハウを独学で学ぶのは難しく、自分ひとりで一から不動産投資を始めようとするのは無謀です。 投資リスクを軽減するためには、不動産投資会社と二人三脚で堅実に投資していくことが大切です。 ここでは数ある不動産投資会社の中から本当に頼れる業者の選び方を紹介します。

失敗しない不動産投資会社の選び方5選

国土交通省のデータによると、平成28年度の不動産投資会社(宅地見物取引業者)の数は法人だけで10万件を超えています。[注1] それほど多くの中から良質な不動産投資会社を選ぶのは難しいことですが、以下のポイントを抑えて候補を絞っていけば最終的に頼りになる不動産投資会社に出会えるでしょう。 以下に不動産投資会社の賢い選び方を5つ厳選してみたので、ぜひ参考にしてみてください。 [注1]国土交通省 宅地建物取引業者数の推移[pdf] http://www.mlit.go.jp/common/001202649.pdf)

ポイント1.豊富な実績をもつ会社を選ぶ

不動産投資会社のほとんどは自社サイトを持っていますが、そこでまずチェックすべきポイントは実績の多さ。 不動産投資には豊富な知識も必要ですが、経験や実績によって培われるノウハウも必要不可欠です。 実績のない会社を選ぶといざという時に適切なアドバイスを提供してくれなかったり、物件選びのサポートも不十分だったりする可能性があります。 誠実な不動産投資会社であれば公式サイトに実績数を公表していますので、データを参考にして豊富な実績を積んできたかどうか確かめるようにしましょう。

ポイント2.リスクも含めて説明してくれる

不動産投資会社の中には、初心者に対して不動産投資のメリットばかり強調し、リスクに関してはほとんど説明しないところがあります。 確かに不動産投資は成功すると堅実に利益を上げられますが、投資商品である以上、少なからずリスクも存在します。 リスクや失敗の可能性を提示せず、「必ずもうかる」「絶対に安心」などと謳う不動産会社は信用できませんので要注意です。

ポイント3.対応がすばやく、親身になってくれる

不動産投資だけに限りませんが、相談したときに迅速かつ丁寧にサポートしてくれる会社を選ばないと、いざトラブルが起こった時に解決が遅れてしまいます。 特に初心者の場合は手厚いサポートを受けられる会社でないと安心して投資できません。 サポートの充実さやスタッフの対応の良さは実際に対面してみないとわかりませんので、不動産投資会社を選ぶ際は実際に担当者と話し合ってみましょう。 こちらの疑問・質問に対して誠心誠意応えてくれるようなら、末永いお付き合いを望めそうです。

ポイント4.土地探しからサポートしてくれる会社を選ぶ

不動産投資は既存の建物を購入するだけでなく、土地から探して物件を建設するパターンもあります。 その場合、土地探しから始めなければなりませんが、土地選び→物件の建設→管理をそれぞれ別の会社に頼むとなるとかなりの手間ひまがかかってしまいます。 また、運用が始まった後も、物件や管理のことを別々の会社に相談すると一貫したサービスを受けられませんので、土地探しから建設、管理にいたるまで一貫してサポートしてくれる不動産投資会社を選ぶのが大切です。

ポイント5.長期の保証サービスがある

不動産投資における二大リスクは、空室と家賃の滞納です。 どちらもオーナーにとっては痛いリスクで、場合によっては運用資金が回らなくなってしまうことも。 そんなとき、空室や家賃滞納に対する保証サービスがあると便利。 空室があっても一定期間の間、業者が家賃を保証してくれたり、家賃滞納が発生した際に立て替えたりしてくれます。 こうした保証サービスは多くの不動産投資会社が取り入れていますが、保証期間は業者によって異なります。 保証期間は長いに超したことはありませんので、なるべく保証が充実している会社を選びましょう。

不動産投資会社を選ぶなら保証、サポートが充実しているところがベスト

不動産投資はどんなに堅実に運用してもリスクをゼロにすることはできません。 ただ、いざという時にサポートしてくれる不動産投資会社がパートナーになれば、リスクを最小限に抑えられます。 今回紹介した不動産投資会社の選び方を参考に、いざという時に頼りになる誠実な不動産投資会社と末永くお付き合いしていきましょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る