不動産投資で失敗しないために、心がけるべきこと

不動産投資は、成功すれば毎月一定の家賃収入が入ってくる夢のような投資方法です。
ただし、投資である以上リスクからは逃れられません。
不動産投資の代表的なリスクは、大きすぎるローン、不動産価値の減少による損失、空室のリスクなどです。

今回は、そんなリスクを回避し、不動産投資で失敗しないために心がけるべきポイントを5つにまとめました。

1. 自分の生活を圧迫しない借入額を計算する


不動産投資では、物件に抵当権を設定するため、かなり大きなローンを組むことが可能です。
しかし、身の丈に合わないような大きすぎるローンを組んでしまうと、月々のローン返済だけで手一杯になってしまうでしょう。

固定金利ではなく変動金利を選んでいる場合、景気の良し悪しによって将来金利が高くなる可能性もあります。
自分の生活を圧迫しない借入額がいくらなのか、必ず事前に計算しておきましょう。

そのうえで、何年間いくらのローンを払い続け、何年間いくらの収入を得て、何年後にいくらで売却をするのかといった出口戦略を練っておくのがおすすめです。

2. 新築よりも資産価値の下がりにくい中古物件を選ぶ


不動産投資をするなら、新築よりも中古の物件がおすすめです。中古物件なら良質な物件でも手頃な価格で手に入る場合があります。
リフォーム費用込みで新築よりもお得な場合もありますし、住宅の問題点などが判明しているため管理しやすいことも多いです。

長期優良住宅や駅チカマンションなど、条件がよく資産価値の下がりにくい物件を選んでおけば、万が一ローンの返済が難しくなっても物件を売ってローンを整理し、損失を抑えられるでしょう。

ただし築年数が古すぎるなど、資産価値が下がりきってしまうと不動産売却のハードルが高くなってしまいますので、古すぎる物件は避けたほうが無難です。

3. 表面利回りではなく実質利回りを重視する


不動産投資の表面利回りは、物件の価格と年間の家賃収入を使って簡易的に計算した数字です。
表面利回りだけで物件を決めると、見えない部分に問題があり、思っていたほどの家賃収入にならないというケースも少なくありません。

不動産投資の物件は、管理費やメンテナンスにかかる費用などを引いた実質利回りを重視しましょう。

4. 賃料などの条件や物件の管理に気を配る


どれだけ好条件の物件を持っていたとしても、入居者がいなければ家賃収入は1円も入ってきません。
その間はローンの返済を全額自己負担する必要があります。
なかなか入居者が決まらないという場合は、賃料等の条件が適正かどうか、随時相場をチェックするようにしましょう。

設備が故障した際の対応が遅い、マンション共有部分の掃除が雑、内装が汚いなど、管理状態に問題がある場合にも入居者が決まりづらくなります。
日頃からメンテナンス用の費用を積み立てつつ、掃除などできる部分の管理は自分で行って物件の管理にも気を配りましょう。

5. 災害等のリスクに備えて適切な保険に加入する


台風や地震等、予想できないトラブルによって物件が全損してしまうリスクはゼロではありません。
不動産投資をするなら、災害の被害に巻き込まれにくい場所の物件を探しつつ、必要な補償を受けられる保険へ加入しておきましょう。
保険によって受けられる補償の範囲は異なりますので、物件に適した保険を複数検討するのがおすすめです。

不動産投資の失敗を避けるコツはリスク対策を徹底すること


不動産投資は、リスク対策を怠ると失敗します。
リスクの多くは資金計画づくりや物件選びといった事前準備の段階で対策できるので、投資を始める前に少しでもリスクを減らしましょう。

「元手がそれほどなくても不動産のオーナーになれる」、「いまローンを組んで不動産を買っておけば老後の不労所得が手に入る」、こうした宣伝文句を信じて準備が不十分のまま不動産投資を始めて失敗してしまう人も少なくはありません。どういった物件を選べばよいか迷ったときには、不動産投資会社に頼ってみるもおすすめですよ。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る