不動産投資でローン組む際に注意するべきこと

「自己資金0、時間や知識がなくても気軽に不動産投資を始められる」、「家賃収入で融資の返済ができる」、「節税対策になる」と、不動産投資を考える人が増えています。しかし“知識がない”不動産投資家が成功することはありません。

知識・計画性がないと、ローンの返済が出来ないと評価され、ローンが組めなくなる可能性が高まります。時間をかけて良い物件を見つけてもローンが組めずに購入できないと、時間と労力の無駄になってしまいます。そんな事態を避けるため、ローンを組む前と組む際に注意すべき点を挙げます。

将来を考えて不動産投資をはじめたのにマイホームが建てられない?

「老後の年金が不安」「少しでも収入を増やしたい」という安定した将来を夢見てはじめた不動産投資が、マイホーム購入時に金融機関での審査に不利になる場合があります。それはアパートローンがアパートローンは借金扱い(キャッシングやカーローンなどと同じ)され、返済利率の対象となり住宅ローンの借入額が少なくなるためです。

将来、住宅ローンの支払いは不動産投資で得た収入を充てようとしている人は注意が必要です。

不動産投資で利益が出ていても審査では不利に働く

住宅ローン申込み時に不動産投資の利益が出ていても、金融機関は「将来空室がでて家賃収入が得られない場合」を想定し、審査上収入とみなしてもらえない場合が多いようです。そのため住宅ローンの借入可能額が下がり、希望した住宅が購入できなくなることがあります。
将来、マイホーム購時に住宅ローンを利用する可能性がある人は慎重に検討してください。不動産投資を始める前に住宅購入をし、できる限り自己資金の準備をすることをおすすめします。

ローンを組む際は提携金融機関と他金融機関との比較検討を

不動産投資ローンを利用する際、投資用不動産物件の販売・仲介をする不動産会社から提携金融機関を紹介されることが多いです。しかしその提携金融機関が自分にとって、最も有利な融資を受けられる金融機関とは限りません。

*融資限度額
*金利
*返済期間
*月々の返済金額

は、最低限比較検討しましょう。

ローン申請時には入念な収支計画が必要

不動産投資ローンの申請には、収支計画書の提出が必要です。借入額は自己資金と不動産の購入価格だけでなく、固定資産税・設備・修繕費用などの諸経費、様々なリスクも考慮し算出してください。
入念な収支計画をたてることで人物評価が上がり、ローン審査の加点評価につながります。この時、金融機関から指定される他の必要書類(原本)も漏れのないよう持参しましょう。

収支計画書は販売・仲介する不動産会社が作成・サポートしてくれる場合がありますが、サポートを受けられない人は収支計画の作成方法や収支シミュレーションができるWebサイトがありますのでうまく利用してください。
家賃収入よりローン返済額が上回ることがないよう、物件を過大評価せず収支計画書を綿密に作成することが大切です。

家賃収入が見込めない場合のリスクを考慮する

不動産投資ローンは家賃収入から返済しますが、必ずしも一定した家賃収入があるとは限りません。では「さまざまなリスク」とは一体なにか?以下にまとめてみましたので参考にしてください。

*空室リスク:空室がでた場合、家賃収入が減るため自己資金からの返済が必要になる可能性が出てきます。

*家賃の値下げリスク:建物が古くなるにつれ、物件価値が下がり家賃の値下げが求められる可能性がでてきます。

*金利上昇リスク:変動金利を選択した場合は、金利が上がった場合の支払額のシミュレーションも必要です。

また、これらのリスクに加えて、以下のような経費も念頭に置いてローン返済のスケジュールを組みましょう。

*税金
*火災保険や地震保険の検討
*修繕費の確保

ローン審査には面談がある

不動産投資ローンの審査は書類審査だけではなく、面談があります。金融機関により面談内容は異なりますが、不動産賃貸経営の知識やスタンス・収支計画など聞かれる場合があるため、しっかり勉強して臨むことをおすすめします。
知らないこと・分からないことは素直に伝えて、嘘のない面談をして信用を得ることが大切です。

不動産投資ローンは綿密な収支計画が必要



不動産投資ローンを組む際の注意事項はお分かりになりましたか?不動産投資ローンの様々なリスクを知ったうえで対策案を講じることが重要になります。 無理のないローン計画をお立てください。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る