少額でも不動産投資ってできるって本当?

不動産投資にはクラウドファンディング形式で、1口あたり数万円から始められるものもあるのです。
ここでは、少額からできる不動産投資の仕組みやはじめ方をくわしく解説します。

少額からできる不動産投資「不動産小口化商品」


本来であれば、不動産投資は1つの物件が数千万円から数億円するため、なかなか手が出しにくい投資の方法です。その不動産を小口化し、1口あたりを数万円~100万円程度の少額にして売り出したものが「不動産小口化商品」です。

この「不動産小口化商品」は、不動産から得られる“家賃収入”や“売却益”から、投資家が持つ口数に応じた額、分配されるしくみになっているのです。

1万円の少額からでもスタートできる


不動産小口化商品による不動産投資の最大の魅力は、1口1万円からはじめられる敷居の低さと手軽さにあるといえます。これまで不動産投資は、はじめるための多額の資金を用意できる人のためだけのものでした。それが、この投資方法の確立によって、もっと手軽に、もっと身近な不動産投資が可能となりました。

1口あたりの投資額を低額に抑えることができれば、気になっている商品それぞれに投資を分散させることでリスクも分散できるため、投資を楽しむことができるでしょう。

では、実際に「不動産小口化商品」での、運用を始めるにはどうしたらよいのでしょうか?気軽にできる不動産投資の始め方を、簡潔にご説明します。

少額でできる不動産投資の始め方


不動産小口化商品での不動産投資は、たった4ステップではじめられます。

1.商品を小口ファンドの運営会社で探す


まず、不動産小口化商品を取り扱っている業者を何社か探しましょう。見つけた業者それぞれの商品内容を確認し、比較します。

2.小口ファンド運営会社に入会する


不動産小口化商品は投資家と運営業者が組合契約して事業を行う不動産投資です。そのため、投資をするには、それぞれの業者の会員制度に入会することが必要になります。あなたが投資を具体的に検討しているなら、該当する業者に入会しましょう。
もし、まだイメージがわかず、躊躇しているのならば、それぞれの業者に資料請求をしてみましょう。それぞれの会社のホームページから、簡単に資料請求することができますよ。

3. 小口化ファンドを探す・申し込む


運営業者のホームページ上には、募集案件の情報が提示されています。入会後のメール配信サービスなどの告知をうまく活かし、情報を収集しましょう。

不動産小口化商品は現在投資家に人気が高く、条件の合う募集案件があったとしても、募集を開始してすぐに完売となってしまうことも珍しくありません。こまめな情報収集を欠かさずに、条件に合うものがあればすぐに行動できるように準備しておきましょう。

4. 入金をしたら運用スタート


募集している案件への申し込みが完了したら、業者から入金に関して案内があります。入金を済ませたら購入完了となり、小口化ファンドでの不動産投資がスタートします。

「不動産小口化商品」メリット・デメリット


少額からはじめられることが最大の魅力である「不動産小口化商品」ですが、メリットがある反面、デメリットも存在します。

ここで「不動産小口化商品」で不動産投資をするメリット・デメリットを見ていきましょう。

不動産小口化商品のメリット


・不動産投資が小額からはじめることが可能
・容易に分散投資ができる
・わずらわしい不動産の維持・管理が不要

不動産小口化商品のデメリット


・商品数が少なく、すぐに案件が完売してしまうことも
・市場の規模が小さく、流動性がひくい

クラウドファンディングであれば少額からでも不動産投資ができる


クラウドファウンディングでも少額から不動産投資が可能です。
クラウドファンディン型の不動産投資には「融資型クラウドファンディング」と「投資型クラウドファンディング」があります。

クラウドファンディング会社が有望な投資先に投資する融資型クラウドファンディング


融資型クラウドファンディングで多く使われているのが「匿名組合契約」です。「匿名組合契約」は、このような投資形態です。

まず、投資家がクラウドファンディング会社に投資。集まった資金は、クラウドファンディング会社が選定した有望な投資先に投資する。匿名組合契約では、投資先を開示することができないという制約があります。そのため、投資先の範囲が限定されます。

投資型クラウドファンディングは自分の目で選んで投資が可能


一方で、投資型クラウドファンディングは投資先が開示されているため、自分の目で選んだ投資先に投資家自身が投資することが可能です。また、この投資型クラウドファンディングは、投資家保護の点でもかなり整っており、安心して投資が楽しめます。

これは、個人の投資家の投資資金を「優先出資」とします。そのため、たとえ不動産の価値が下がってしまったことによって投資資金が減少したとしても、30%までであれば個人投資家の資金の保護を優先する仕組みにしている会社もあります。

不動産への1カ月からの短期間や1万円からの少額投資での投資が可能になり、元本割れのリスクも軽減する策を取っています。このことから「不動産投資に興味はあるけどまだ躊躇してしまっている」といった人からの人気も年々高くなっています。

少額からの投資で本格的な不動産投資の入り口に


新しい投資の形として人気を集める「不動産小口化商品」での不動産投資。まだまだ「不動産小口化商品」を通じた投資家の人口が少ないために生じるデメリットも、投資家人口が増えるにつれ、解消していくことでしょう。

本格的な不動産投資の多額な投資資金のイメージから敬遠されがちな不動産投資を、この機会に「不動産小口化商品」から始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る