サラリーマンでもできる簡単お手軽な不動産投資

サラリーマンとして働きながら不動産投資をやってみたくても、「どんな物件に投資したらいいのか分からない」と悩んでいる方は少なくないかもしれません。

サラリーマンが不動産投資を行うとなると、日常の仕事をこなしながら運用することになるため、その妨げにならない投資案件を選ぶことがおすすめです。もう少し具体的にいえば、初期投資の費用が少なく、維持管理や運用の手間がかからないもの。

たとえば、以下のような不動産投資であれば、仕事に忙しいサラリーマンでも手軽に投資を始められるでしょう。

区分マンション投資なら維持管理の手間がほとんどかからない

サラリーマンに適している不動産投資として、区分マンションへの投資があります。これはマンション一棟ではなく一室だけを購入し、その一室を貸し出して賃料収入を得るしくみの不動産投資です。

最大のメリットは、一室のみなので、維持管理の手間がほとんどかからないこと。その一室の管理も、管理費を払っていれば全ての管理や作業を管理会社が行ってくれますし、修理、清掃、草むしり、空室ができた場合の集客も自分で行う必要はありません。

自分自身で行うことは、契約時における方針決定と支払方法の確認だけ。このように、区分マンションは、仕事が忙しく管理に時間を割けないサラリーマン向けの不動産投資といえます。

REIT(不動産投資信託)なら一口数万円の少額投資も可能

少額の不動産投資から始めたいというサラリーマンには、REITもおすすめです。REITとは不動産投資信託のことで、複数の投資家が運用会社に資金を投入して不動産の運用を行います。

単独ではなく複数の投資家が連帯して投資することが特徴ですが、一口数万円の少額投資もできるため、初心者にはもってこいの不動産投資といえるでしょう。

それでいて高利回りを期待することもでき、運用はプロが行うので自分で考える必要がないというメリットもあります。ミドルリスク商品ではありますが、投資は複数の不動産物件に対して行われるので、分散投資効果を得ることも可能です。

駐車場・コインパーキング投資は土地さえあれば初期投資がほぼかからない

土地を所有しているサラリーマンにおすすめなのは、駐車場やコインパーキングへの投資。これらは土地さえあれば整備なしでも始められ、初期投資がほぼかからないところがメリットです。
土地が広ければ多くのリターンが見込めますが、狭くても駐車場をつくることができ、利用者さえ確保できれば安定収入を得られます。

また、駐車場投資なら更地に戻すのが比較的簡単なため、用途を変更したい場合でも転用がスムーズにいくという利点もあります。さらに、コインパーキングに限っては、自分の土地を業者に貸すだけで運用ができるという簡単さがメリットです。

オフィスビルの小口投資なら少ない資金で高額物件に投資できる

オフィスビルに対して多くの投資家が投資して運用するオフィスビルの小口投資も、サラリーマン向きの不動産投資です。なぜなら、多額の資産や蓄えがなくても、投資商品を小口化する仕組みのオフィスビル小口投資なら、数億円の高額物件にも投資できるからです。

投資額には幅があり、最も多いのは一口100万円ですが、なかには1万円から始められるものもあります。少ない資金で高額物件に投資できること、そして小口化商品のためリスク分散効果を期待できるのがメリットです。

貸し倉庫への投資なら初期投資はコンテナの設置のみ

駐車場と同様に土地所有が条件ですが、貸し倉庫への投資もサラリーマン向けです。貸し倉庫は敷地の中にコンテナを用意して個人や業者に貸し出すしくみですが、初期投資としてコンテナを設置する以外にすることはなく、とても簡単で手軽に始められます。コンテナの種類はいろいろありますが、全体的に高くはないので初期投資の費用は安くすみます。

しかも、日本では備品の保管場所に困っている人が多く、需要があるため安定した収入を見込めます。また、貸し倉庫は土地規模の制限がなく、狭いスペースでも投資を開始できるところも利点です。

サラリーマンは初期費用が少なく維持管理しやすい投資案件を選ぶのがコツ

以上でご紹介した区分マンション投資、REIT、駐車場・コインパーキング投資、オフィスビルの小口投資、貸し倉庫への投資には、初期費用が少ない・維持管理がしやすいといった特徴があります。

サラリーマンとして働きながら手軽に不動産投資を行いたいと考えるなら、こうしたポイントを押さえて自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る