不動産投資と株ってどっちが簡単?

初めて投資をする人にとって、より簡単にはじめられるのは不動産投資と株のどっちなのでしょうか。
どんな投資にもリスクはつきもの。
損をしてしまう可能性がある上にやり方が難しすぎると、儲けを出したり本格的に投資の知識を身につけたりする前に投資が嫌になってしまうでしょう。

今回は、できるだけ簡単な方法で投資をやってみたいと考えている人に向けて、不動産投資と株はどちらのほうが簡単なのかを比較していきます。

不動産投資も株もうまくいけば大儲けできる

不動産投資は、家賃収入を元手に別の物件を購入するなどしてどんどん資産を増やしていくことができます。
所有する優良物件が増えれば増えるほど月々の不労所得は増えていくため、投資がうまくいけば家賃収入だけで生活していくことも可能です。

株に関しても、株価はリアルタイムで変動するので、有望株をまとめ買いできれば一度の取引で数十万円以上の利益を出すことも夢ではありません。
運が良ければ数千万、1億円以上の利益を得ることも可能です。

不動産投資も株も当たれば大きいという点は共通しています。

収益の安定性は不動産投資が一歩リード



収益の安定性では、不動産投資のほうが優秀です。
株式投資による利益は、株を長期保有して企業から配当金をもらう方法と、安いときに買った株を高くなってから売ることで利ざやを得る方法のどちらかとなります。

ただ、株の配当は企業の運営状態によって出ないこともあり、株価の変動は予測できないため買った株が高く売れるとは限りません。

株は短期間で換金できて現金化も簡単



株には不動産に比べて簡単に現金化できるというメリットがあります。
株式市場ではつねに株の売買が行われているため、よほど急落した訳ありの株でもない限り、株を換金できないことはないでしょう。

一方、不動産のように高額な資産は売りたいと思ってから買い手が見つかるまでに時間がかかります。
人気のないエリアの物件や条件の悪い物件は買い叩かれやすいです。
買い手が見つからずいつまでも現金化できないリスクがあるため、物件選びは慎重に行う必要があります。

株式投資は不動産投資よりもハイリスク

不動産投資と株式投資、どちらも当たれば大きい投資です。ですが、株式投資は、急落や精神的な負担など、不動産投資よりもリスクが高いといえます。

株式投資は急落するリスクがある



株をする際に知っておきたい最大のリスクが、急落です。
株価は社会情勢や災害、法律の改正に新商品の開発情報など、非常に複雑な要素が絡まり合って日々上下しています。
実際、リーマンショックでは日本から遠く離れたアメリカの企業が経営破綻した結果、その企業と直接関係のない日本企業の株価まで大幅に下がってしまいました。
これらの事件や災害等を正確に推測することはできません。
株をするなら、つねにリスクマネジメントを頭に入れて突発的なトラブルに対処できるようにしておく必要があります。

しかし、不動産は災害等で全損しない限りいきなり資産価値が急降下することはほとんどありません。
基本的に、不動産の資産価値は経年劣化で少しずつ落ちていくからです。
特殊な構造の物件でもない限り、中古市場での売買価格も相場の近辺に落ち着くため、資産としての安定感を重視するなら不動産投資をはじめましょう。

リアルタイムで値動きのある株は精神的な負担が大きい



株価はつねに値動きします。
持っている株の価格が落ちた場合、すぐに売るのか再び株価が上がるのを期待して売るのを待つかを自分で決めなければなりません。
株価が上がったときも、いつ売るかを見極める必要があります。

リアルタイムで資産が増減するというのは、非常に大きなストレスです。
リーマンショックのように大きな事件があった場合、株価が気になってプライベートや普段の仕事に悪影響が出てしまう可能性もあります。

その点、不動産投資は賃貸の契約者が出ていかない限りは収入が安定していますし、急に家賃が上がったり下がったりすることもありません。

投資初心者には不動産投資がおすすめ

不動産投資と株のメリットやリスクを比べた場合、投資初心者には不動産投資をおすすめします。
株に比べて急激な値動きがなく、契約者さえ見つければ毎月安定した家賃収入を確保できるからです。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る