Q 不動産投資を始めたら、とんでもないことに

A

不動産投資を検討している人は、必ず読んでほしい!!

 

俺は2019年の夏に不動産投資を始めた。

※スペック:30代 既婚 会社員 年収750万円

 

先輩の紹介で『不動産投資A社の営業マン』を紹介され、提案を聞いた。

・年金対策になる

・保険の代わりになる

・節税できる

上記のメリットを営業マンから伝えられて

素直に良いと思ったし先輩も不動産投資をしている安心感もあり購入を決めた。

 

しかし、困ったのはこの後だ。

 

気兼ねなく話せる同期2人と仕事終わりに一杯呑みに行ったとき、不動産投資の話が出た。

 

なんと、

同期入社の2人とも不動産投資をしていたのだ。(A社とは別の会社)

しかも!

ローンの金利が俺よりも安い!!

 

 

それだけではない。

 

死んだらローンが無くなるという団体信用生命保険他にガンになると支払いが免除される特約までついている!!

 

『買う前にA社と別の会社も比較するべきだったな…』と思ったが、決断したのは自分である。

もっと事前に情報を仕入れなかった自分のせいだと思うことにした。

(紹介者である先輩のせいにするわけにもいかないので、そう思うしかない現実( ノД`)シクシク…)

 

そして、、、購入してから約半年後、確定申告をしなければならない事を思い出し、担当営業マンへ電話をかけてみると…

 

『おかけになった電話番号は現在使われておりません』

 

 

なにーーーー!!?

 

焦った俺は、購入したA社へ問い合わせた。

『担当の○○は既に退職しておりまして、○×△』

 

マジかよ…。。。

契約時は

『これからしっかりとサポートします』

とか言っておきながら(# ゚Д゚)

 

退職の挨拶や引継ぎすら行っていないA社と担当営業マンへ怒りと寂しさを覚えた。

 

どうしようか考えた時に、A社を紹介してくれた先輩に連絡を取ってみると、海外赴任しており、とても相談できる状況ではない。

 

その時初めて

『自分でどうにかしなければならない』と感じた。

 

でも、

『不動産投資…。確定申告…。』どれを取っても会社員の俺には難しいそうなワードばかり。

 

どうすればいいんだ。。。

誰に頼ればいいんだ。。。

 

 

 

⇓そんな時に見つけたサイト⇓

 

https://fudousan-bulk.site

 

↑のサイトで無料登録し複数の不動産投資会社から話を聞いて無事に問題解決した。

 

面談をした内のB社が、

まだ客でもない俺の確定申告をする為に税理士を無料で紹介してくれた。

営業マンも業界歴が長く、『これぞプロ』って感じの人が多かった。

現在は、一番誠実に対応してくれたB社で2部屋目の購入と1部屋目の管理契約を移行する手続き中だ。

少し遠回りをしたが、不動産投資自体は今でもサラリーマンにとっては良い投資だと思う。

ただし、サポートしてくれる会社や担当営業マンがいかに重要な存在であるか身に染みて分かった。

 

 

ちなみに、上記のサイトでは

期間限定のキャンペーン

を行っているらしく、

面談すると2000円分のギフト券がもらえるらしい。

(その時に面談しておけばよかった。。。)

 

これから投資をする人は、

必ず複数社から話を聞いた後』決断することをお勧めしたい。