不動産投資初心者が絶対成功したいときに備えておくべき条件をご紹介


給料以外の収入源を得るために投資を考える人が増えています。中でも注目されているのが、賃貸収入を得たり物件の売買により利益を上げたりする不動産投資です。しかし初心者には敷居が高く、「何から始めていいのかわからない」という人も多いでしょう。

そこで今回は、初心者が不動産投資で成功するために押さえておきたいポイントについてご紹介いたします。これから不動産投資を考えているのであれば、成功するための条件を揃えて十分な利益を得るための準備を始めましょう。

初心者が不動産投資で成功するための必要な条件

不動産投資による不労所得は魅力的ですが、何も知らずに手を出してしまうことで大きな損害を出すこともあるのが不動産投資の本質です。

初心者には難しいと思われがちな不動産投資ですが、いくつかの条件を整えておくことで不動産投資により利益を得られる可能性は高くなります。それでは、不動産投資の成功に必要な条件を見ていきましょう。

シミュレーションを作れるように勉強する

不動産投資で利益を得るために、覚えるべきことややらなくてはいけないことはたくさんあります。まずは、不動産投資の収支に関するシミュレーションを作れる知識を身につけましょう。

・利回りの考え方や計算方法
・ローンを組む方法
・税金などのお金の流れとその計算方法

上記は不動産投資を行うにあたって最低限必要な知識です。不動産投資に関する知識は、本やブログを読んだりセミナーやコミュニティに参加したりすることで得られます。

投資は自己責任ですから、失敗しても誰のせいにもできません。自分で判断して行動するためにも、シミュレーションを作れるように勉強しましょう。

不動産投資関連のつながりを作っておく

不動産投資で利益を得るための物件を購入するには、信頼できる不動産業者とのつながりが欠かせません。「自分の求めている条件に合う物件を紹介してくれる」「物件の売主との交渉を親身に行ってくれる」などの条件を満たした良心的な業者と巡り合えることがベストですが、初心者のうちは業者の良し悪しを自分で判断することが難しいでしょう。

そんなときは、口コミを参考にするのもひとつの方法です。ネットである程度の情報は得られますが、実際に不動産投資を行っている大家さんが集まるコミュニティで情報を集めるのもおすすめです。

相談できる指導者や仲間を作ることができるので、不動産投資に必要な信頼できる不動産投資関連のつながりを作っておきましょう。

物件を見る目を養う

どのような物件が優れた物件なのかを見る目を養いましょう。自分自身で物件の良し悪しを判断できるようになれば、不動産投資で成功する確率はさらに高くなります。

そのためには多くの物件を見ることが重要です。確認のポイントは、「どの地域で」「どういった物件が」「いくらで売られているのか」ということです。その上で、どのくらいの利回りがあるのかを計算しましょう。

不動産のポータルサイトを利用することで、手軽に多くの物件を確認できます。実際に良い物件はポータルサイトに掲載される前に契約が決まっていることが多いため、取引をするのであれば、信頼できる不動産業者に紹介してもらうべきです。ポータルサイトは物件に見慣れる練習として利用しましょう。

融資を引き出しやすい条件を整える

会社員として働いている場合、給料や貯金だけで不動産投資をするための費用を準備することは難しいでしょう。多くの場合、銀行で融資を受けて不動産投資を行うことになります。

そのため、銀行からの融資を引き出しやすくするための条件を整えておくことが重要です。融資を受けるための判断基準のひとつに、どのような職業についているかということが挙げられます。

医者や公務員は比較的安定している職業なので、融資を受けるときに信用されやすい傾向にあります。将来的に不動産投資を行うつもりであれば、融資の受けやすさを考慮して職業を選ぶのもよいでしょう。公務員以外の職業であっても、真面目に働いて勤続年数を増やすことで融資を受けやすくすることが可能です。

初心者におすすめできる不動産の条件

不動産投資を行うにあたり、どういった物件を選ぶのかということは重要なポイントです。不動産投資で利益を得るためには物件を購入する必要があるため、物件の良し悪しは利益に大きく影響します。

しかし初心者の場合、どのような物件が利益を出すために適しているのか判断するのが難しいでしょう。ここでは、初心者にもおすすめできる利益を得やすい物件の条件をまとめました。

都会の好条件物件

初心者が不動産投資をするのであれば、地方よりも都会の物件がおすすめです。地方の方が利回りの良い物件が多いものの、都会は入居率が高いため、空室になるリスクが少なくて済むからです。

地方の不動産投資で利益を出している投資家もたくさんいますので一概には言えませんが、不動産投資に慣れていない初心者の場合は、空室リスクの少ない都会の物件を選んだ方が良いでしょう。その際に押さえておきたいポイントを以下にまとめました。

・駅やバス停が近いなど交通の便が良いこと
・スーパーや病院が近いなど利便性が良いこと
・建物のメンテナンスがしっかりしていること

不動産投資で安定した利益を得るためには、長期的に住んでもらえる物件を見つけることが重要だといえます。実際に入居する人の生活を考慮した上で物件選びをしましょう。

単身用不動産の区分買い可能な物件

単身者用のワンルームマンションで区分買いができる物件も初心者にはおすすめです。近年では晩婚化や離婚率の増加などから単身世帯が増えているため、単身者用の物件に需要が集まっていることがその理由です。

もうひとつの理由として、少ない資金で投資を始められるということが挙げられます。不動産投資を始めていきなり大きな資金を運用することは精神的な負担にもなりますので、まずは少ない資金で慣れるといいでしょう。

ワンルームの区分買いであれば、ローンを組まずに自己資金のみで購入できるという人もいます。利益率は低いものの、借り入れによる返済がないため、余裕をもった運用が可能です。ローリスク・ローリターンで不動産投資を始めたいという初心者におすすめです。

不動産投資を始める初心者におすすめの勉強法

不動産投資を始めるために勉強したいけれど、どのように進めていけばよいのかわからないという方もいるでしょう。ここでは、初心者が不動産投資を始めるための勉強方法をご紹介します。働いている人でも仕事をしながら無理せずにできる勉強方法をまとめましたので、確認していきましょう。

本を読む

不動産投資の初心者であれば、まずは本で不動産投資の基本を学びましょう。本屋へ行くと不動産投資関係の本がたくさん並んでいます。その中から初心者向けの本を数冊選んで読むだけでも、不動産投資に必要な最低限の情報を得られます。

中にはあまり参考にならない本や初心者には難しい内容の本もあるので、本を選ぶときには注意が必要です。不動産投資の初心者におすすめの本については、後述しますので参考にしてください。

ブログを読む

不動産投資をしている人のブログを読むことで、実際に不動産投資をしている人の失敗談や成功体験などをインターネットで知ることができます。

この時、成功体験にばかり目が行きがちですが、失敗談にも目を通しておきましょう。これから不動産投資を始める初心者にとって、人の成功体験はとても魅力的です。しかし、ブログで失敗談を見て疑似体験をすることで、初心者にありがち失敗を避けることができます。

セミナーに参加する

不動産投資は情報の鮮度が重要です。最新の情報を得たいのであれば、セミナーに参加することをおすすめします。

本やブログは手軽に情報を得られるというメリットがありますが、情報を選定しなければ古い情報を知識として覚えてしまう可能性もあるでしょう。セミナーに参加することで、最新の情報を得られるとともに参加者同士で情報交換もできます。

名刺を用意しておくことで、参加者同士の情報交換がスムーズに行えますので、セミナー参加時には忘れずに持っていくようにしましょう。

不動産投資コミュニティに入る

不動産投資をしている人が集まるコミュニティに入ることで、不動産投資に関する自分の悩みや不安を気軽に相談できます。身近に不動産投資に関する話をできる人がいない場合は特におすすめです。

セミナーでは講師と生徒という上下関係がありますが、コミュニティは参加者の立場が対等で「仲間」という感覚です。一緒に頑張る仲間がいると成功するための大きな力となり、不動産投資を続けるモチベーションにもつながります。

不動産初心者にもわかりやすく不動産投資を学べる本

初心者が不動産投資について学ぶには本を読むことがおすすめであることはすでにご紹介した通りです。ここからは、不動産投資の勉強になる本をおすすめポイントとともにご紹介していきます。初心者でも読みやすくわかりやすい本を厳選してまとめましたので、これから不動産投資の勉強をはじめる方はぜひ参考にしてください。

『世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生』

不動産鑑定士の浅井佐知子さんが著者で、不動産投資のイロハが学べる本です。初心者がまず読むべき本だと言えるでしょう。不動産投資は難しい言葉や表現が多く、それを学ぶだけで大変なものです。

こちらの本は、専門用語を控えてわかりやすい言葉で不動産投資について説明しています。予備知識もなく、右も左もわからないという初心者でも取り組みやすい内容になっているため、挫折することなく読み進められるでしょう。

『不動産投資専門税理士が明かす 金持ち大家さんが買う物件 買わない物件』

著者である稲垣浩之さんが、税理士の視点で不動産投資の物件を選ぶポイントを紹介している本です。不動産業者や銀行との付き合い方、税金対策など、実際に不動産投資をしていく中で必要な情報を税理士ならではの視点で解説します。

不動産投資における「現在・過去・未来」や「成功」の概念についても触れられており、不動産投資に対する考え方も学べます。不動産投資が盛り上がっている今だからこそ読みたい良書です。

『Excelでできる 不動産投資「収益計算」のすべて』

不動産投資の収益計算を自分でできるようにするための本です。不動産投資には、融資・購入・売却・税金など、多くの収益計算が必要で、それぞれのシミュレーションが欠かせません。

この本では、不動産投資の収益構造を理解するとともに、Excelを使ったシミュレーションについて学べます。ダウンロードできるシミュレーション用のExcelシートを使うことで、不動産投資に関するすべての収支がシミュレーション可能です。

『不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える』

不動産投資に欠かせない税金の知識を学べる本です。儲かる物件の選び方から節税のポイント、税務の落とし穴まで、著者である税理士の石井彰男さんが徹底解説しています。

これから不動産投資を始める人はもちろん、すでに不動産投資を始めているけれどなかなか収益が上がらない人、すでに収益が上がっている人まで、すべての不動産投資家に役立つでしょう。

『不動産投資 1年目の教科書:これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え』

不動産投資の入門書向きの1冊です。初心者がつまずきやすいことや悩みをピンポイントで解決できます。

物件購入からローンに関する疑問まで細かく対応しているのが特徴です。Q&A方式でわかりやすく解説しているため、不動産投資の初心者でもスムーズに取り組めるでしょう。不動産投資に興味はあるが知識がないために1歩を踏み出せないという人や、これから不動産投資を始めようと考えている人におすすめの本です。

まずは信頼のできる不動産投資会社をパートナーにすることが重要

初心者が不動産投資を行うにあたり最も重要なことは、信頼できる不動産投資会社を見つけることです。

好条件の物件を提供してもらうことはもちろん、自分のライフスタイルや資金に合わせた投資プランを提供してくれるかどうかも不動産投資会社を選ぶ決め手となります。ある程度会社の規模が大きくて倒産の心配がないことや、スタッフとのコミュニケーションが取りやすいことなども大切なポイントです。

投資は成功も失敗も自己責任ですが、初心者であれば不動産投資会社によって投資の結果が左右されることもあります。初心者にとって、パートナーとなる不動産投資会社選びはそれほど重要なことなのです。

まとめ

不動産投資は、初心者にとって敷居が高く難しいと思われがちです。しかし、しっかりと勉強をして必要な条件を整えることで、初心者であっても利益を得ることができます。

まずは必要な知識を身につけた上で、信頼できるパートナーとなる不動産投資会社を見つけましょう。

信頼できる不動産投資会社の見つけ方は、それぞれの会社に直接問い合わせる方法もありますが、まとめて担当者につなぐことができる一括面談もおすすめです。大きな買い物だからこそ、細部にまでこだわって不動産投資会社を選びましょう。

 

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る