5分でわかる特徴と魅力

不動産投資の特徴

不動産投資にはいくつかのタイプがあり、それぞれに特徴があります。
主なものとしては現物不動産小口化不動産証券化不動産があり、中でも現物不動産は個人の不動産投資家にとっては馴染みが深く、通常、不動産投資というと現物不動産に対して用いられています。

現物不動産の特徴

現物不動産の特徴は、マンションやアパートを実際に取得し、第三者に賃貸をすることで利益を確保します。
また、場合によっては売却をすることで収益を上げることも可能になります。

小口不動産の特徴

小口不動産の特徴は、複数の投資家が共同で投資を行い、共有持分権によって収益を狙うことがあります。
個人では取得が難しい物件への投資で利用されるケースが多く、収益は投資比率に応じて分配が行われます。

証券化不動産の特徴

証券化不動産は、小口不動産に近い手法となるものの、実際に物件を購入しないことが最大の特徴となります。
ここでは、多くの投資家から資金を集め、投資信託などの証券商品の仕組みを利用して投資を行います。
集めた資金はファンドによってオフィスビルや商業施設など、多様な物件に投資され、運用で得られた収益は購入証券口に応じて分配されます。

不動産投資の魅力

不動産投資の魅力はタイプによっても異なるものの、一般的に認識されている現物不動産を例にとると、大きく5つの内容を挙げることができます。

①安定した収入

まず1つに毎月、安定した収入を得られることがあります。
例えば、株式では配当金は年に1~2度、業績によって変わるものの、不動産投資では入居者がいる限り毎月安定して収入を得ることが可能となります。

②売却益を見込める

次に売却益を見込める点があります。
投資物件によっては、市場の動きによって地価や物件自体の価格が上昇することがあり、この場合、売却をすることでまとまった利益を確保することができます。

③事業へ積極的に関与できる

3つ目には、事業へ積極的に関与できることを挙げることができます。
不動産投資は事業経営に直接関与することができ、投資としては大きな魅力になります。
例えば、交渉次第で安く購入ができたり高く売却をすることも不可能ではなく、仮に管理会社が合わなければ自分の判断で方向性を決めることもできます。

④資金調達が比較的容易にできる

不動産投資は資金調達が比較的容易にできることも魅力の1つになり、不動産を担保にすることで資金を借りることができます。
まとまった資金は必要になるもの毎月の賃料から払っていくことができ、やり方次第では手元に余剰金を残すことも可能となります。

⑤税制上のメリットを受けることができる

5つめの魅力は税に関する内容があります。
不動産への課税は所得税と相続税が他の投資商品とは異なっており、税制上のメリットを受けることができます。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る