知っておきたい不動産投資の種類

区分マンションと一棟マンション

不動産投資にはどのような種類があるのかご存知でしょうか。
一般的に不動産投資の対象となるのはアパートとマンションの2種類です。
アパートの場合は1部屋だけを購入して投資する事は出来ないため、アパート経営の場合はアパート一棟買いが必要になります。
これに対して、マンションの場合は1部屋だけを購入する事が出来る区分マンションアパートなどと同じく一棟買いを行って不動産投資が可能な一棟マンションがあります。

投資のしやすさで考えた場合は、区分マンションの方が便利、しかし家賃収入をより多く求めたい場合には一棟マンションなどの選択肢を持ちます。

新築物件と中古物件

また、不動産投資用のマンションには新築や中古などの種類があります。
新築の場合は未入居の物件になるため、不動産投資を始めると同時に入居者の募集を行わなければなりません。
これに対して中古マンションの場合、既に入居者が住んでいる状態であれば、購入した時点から家賃収入の保証が取られている事になります。
但し、中古マンションの場合は既に家賃設定が行われているので、家賃の値上げを行う事が出来ません
し、建物の劣化などによるメンテナンス費用が別途必要になる事もあるわけです。

新築物件の場合は、未入居の状態になっているわけですから家賃設定を行える、家賃を高めに設定する事も出来ます
し、当面の間はメンテナンスなどの費用が掛からないメリットも持っています。

これらの違いは新築や中古などによる相違点であり、区分もしくは一棟買いにおける違いではありません。
マンションの場合には管理組合が存在しており、マンションの大規模修繕工事などを実施してくれます。
大規模修繕工事はマンションに住む住民などから得た管理費や修繕積立金を活用して実施が行われます。

不動産投資の場合は、投資を行う人が管理組合に対して費用を支払う必要があり、区分マンションの場合は1部屋などの費用を管理組合に対して支払う形になりますが、一棟マンションなどの場合では部屋数分の費用を支払う事になるなどの違いがあります。

また、修繕積立金はマンションの年数が経過すると共に金額が上昇する事になるため、一棟マンションの場合の支出は区分マンション以上に多く必要になるわけです。
駐車場などについては一棟マンションの場合は敷地内にある駐車場を抽選で入居者に貸し出せる、区分マンションの場合は空きがあれば入居者に貸し出せるなど、種類により異なります。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る