不動産投資を勉強するならまず覚えておきたいこと

不動産投資をするときには、メリットだけでなくデメリットについてもよく勉強しておく必要があります。
リスクも存在しているため、儲かるという話だけ聞いて初心者が手を出すと失敗することもあります。
どのような特徴がある投資であるのか、安定して収益を出せる見込みがあるのか理解して安全な運用を行えるように心掛けましょう。

不動産投資で発生する経費を理解する

不動産投資では単純に家賃収入だけで利回りを計算できるものではなく、様々な経費が必要になるので、初心者はこれを勉強して正確な収益を見積もれるようにしましょう。
投資用の物件を購入する際にかかる手数料などに加え、最終的には売却するため、こちらでも税金が発生します。
また、固定資産税都市計画税所得税なども毎年必要です。
ローンを組んでいれば利息も支払わなければならず、物件の管理・維持費も考慮します。
定期的に行うことになる大規模修繕も大きな出費になります。

区分所有と一棟所有のどちらが良いか

不動産投資は一棟ごと所有する必要はなく、マンションの一室だけ扱う区分所有も可能です。
区分所有の場合は初期費用を抑えることができ、管理の手間も少ないメリットがありますが、空室になると収入が完全に途絶え、維持費の支出が残ります。
一棟所有の場合は利回りが大きくなり、土地の所有もできます。
全体で収益を上げられるので少しの空室であれば補えますが、初期投資費用が大きくなり、流動性も下がることがデメリットです。
ローンでサラリーマンでも所有できますが、返済の見通しがあるのか注意しましょう。

失敗の事例を把握することも重要

不動産投資では失敗して自己破産に追い込まれた例も少なくありません。
成功例を勉強して真似するのも良いですが、失敗例を知っておくことで、何に注意すれば良いのか理解することができます。
インターネットで実際に投資をしている人の口コミを見ることができますが、成功例は真実であるとは限らないので、身近に投資をしている人がいれば直接聞いてみるのが適切です。
また、セミナーに参加して受講生同士で情報交換してみるのも良いでしょう。
お金はかかりますが、有料セミナーも質が高いので検討してみた方が良いです。

簡単に儲けられるような説明を見かけることも多い不動産投資ですが、初心者が手を出すと大きな損失が出ることもあり、手軽に利用できるものではありません。
しっかりと勉強してどのように計画を立てれば良いのか、リスクには何があるのか自分の資産で安全に運用できるのはどの方法であるかなど、十分に検討してから投資を始めて失敗しないようにしましょう。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る