不動産投資初心者がやってしまいがちなこと3つ

不動産投資を行う際に初心者がやってしまいがちな過ちは沢山あります。
それらの過ちを行うと取り返しがつかない場合もありますので、不動産投資を行う際には失敗をしないように気をつける必要があります。
きちんと不動産投資に関する勉強をする事で、初めて投資を行う初心者でも失敗すること無く利益をあげることが可能です。

1.調べずに物件を購入してしまう

初めて不動産投資をする初心者にありがちな失敗としては、不動産屋に勧められるままに何も考えずに物件を購入してしまう事です。
立地条件や入居率などを調べずに物件を購入すると不動産投資をしても資金を回収することが出来なくなります。
不動産投資は不労所得になる為、魅力的な投資方法にはなりますが、物件を購入する際にどの様な物か必ず調べておくことは大切です。
一度物件を購入すると長年付き合う物になる為、必ず下調べを行い利益が出る物を購入するようにしましょう。

2.ありがちな勉強方法の間違い

不動産投資の初心者がよく行う勉強方法としては、雑誌を購入したり、セミナーに参加したりする事ですが、この方法ではありきたりな知識しか身につけることが出来ません。
実際に不動産投資を行う時にもありきたりな知識だけでは良い物件を見つけることが出来ませんので注意が必要です。
本当に知識を身につけるためには実際に投資で成功している方の話を聞くのが一番です。
実際に投資で成功している人の意見を取り入れる事で、利益を出すための仕組みを理解することが出来るようになります。

3.高額のローンを組んでしまう

よくある間違いは大きな利益を出したいために高額のローンを組んで、高額な物件を購入してしまう事です。
高額な物件を購入すると確かに多くの利益を期待することは出来ますが、それは入居者が住んでいることが前提の話になります。
入居者の入居率が悪いと収入を得ることが出来ませんので、ローンの返済をすることが出来なくなるので注意が必要です。
初めて初心者が投資を行う場合には高額なローンを組んで大きなマンションなどを購入するのではなく、自分の資産の範囲で投資を行うことが大切です。

不動産投資は不労所得で大きな利益を出すことが出来る魅力的な投資方法になりますが、そのためには知識が必要になりますし、物件を購入する場合にも下調べを行うことが大切です。
きちんとした勉強を行い、無理のない範囲で不動産投資をする事で失敗をすること無く、利益を出すことが出来るようになります。焦って高額なローンを組まないことが大切です。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る