ハイリスクハイリターンの海外不動産投資とは?

日本では将来のために不動産投資を行っている人が増えています。
最近は海外の不動産投資も人気があります。海外の不動産投資は国によってリスクが高くなることもあるので慎重に投資をすることが大事です。
インターネットのおかげで世界中の不動産情報が入手できるようになっているので、大きな収益を得られるチャンスが広がっています。

不動産投資の魅力とは

日本国内では株やFXより安定しているという理由で不動産投資が人気を集めています。
定期預金に比べて高い利回りが期待できるため、サラリーマンの中にも将来のためにマンションを購入する人が増えています。
最近では東南アジアやアメリカの不動産投資も人気があります。
特に東南アジアの国は日本に比べて不動産の価格が安いため、大きな注目を集めています。
不動産投資をする場合に融資をしてもらう人は多いですが、外国の場合は物件を担保に入れることで保証人にならずにすむ国もあります。

海外不動産投資のメリットとリスク

物件を担保に入れた場合、物件を手放せばローンの支払いは免除されます。
融資を利用して投資が失敗してもリスクは限定的です。
日本の不動産投資ローンでは物件も担保になりますが、融資を受ける本人の支払い能力や信用状況も審査の対象になります。
外国の不動産投資における収益は、それぞれの国の税法により取り扱われます。
所得税や法人税を見ると、日本の税率は世界でもトップクラスです。
外国で納税ができることと節税のメリットがあります。
アメリカの場合は多額のお金を経費に計上することが可能です。

メリットとデメリットをよく考える

不動産の建物評価率が高い国だと減価償却を認められる金額が大きくなります。減価償却を認められる金額が大きくなれば、それだけメリットも増えます。
海外資本の投資に対しては、一定の条件はあるものの優遇税率が適用される国が多くなっています。
投資においては日本とは異なる様々な税の規制もあります。
収入や資産の評価は現地の通貨なので為替のリスクも考える必要があります。
急激な円高により資産と収入が低下するリスクありです。
外国の不動産に興味を持って投資を行う場合は、メリットとデメリットをよく考えることが大事です。

外国の不動産に憧れる人は多いですが、文化も違えば税の制度も違うので事前によく考えてから投資をする必要があります。
上手くいけば一攫千金も夢ではないですが、危険も多い世界です。
実際に外国の不動産に投資した人の話を聞くなどして、十分な知識を持つ必要があります。
情報に惑わされずに自分の目で確かめることも重要です。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る