不動産投資はワンルーム?ファミリータイプ?どっちがいいのか

不動産投資の基本であるマンション経営はタイプの選び方が重要

マンションの経営は、不動産投資において最も基本的な方法です。
1室から購入することができることや、購入価格が低く抑えられることで、初期投資額が少なくローンも利用できるということがメリットです。
資産として残るものでもありますので、現金が必要となった場合には売却をするということも可能であり、全体的にリスクは低いものとして、投資初心者にお勧めな方法です。
もちろんベテランの資産家や投資家においても、マンションの経営は重要な収益の柱と言えるでしょう。

価格変動が安定しており長期にわたってキャッシュフローが得られるマンション経営は、安定した資産形成に大いに寄与します。
そこで、より賃貸に出しやすいマンションのタイプを選ぶということが必要となります。

不動産投資は大きく分けて2タイプから選ぶ

大きく分けると、マンションは単身者に向けたワンルームタイプと家族で暮らすためのファミリータイプの2タイプから選ぶということになります。
それぞれにメリットがありますので、市場の動向を見極めることやマンションの立地によって選ばれやすいタイプを保有するということが理想的と言えるでしょう。
タイプの選び方さえ間違わなければ、より確実性の高い収益物件となります。

都心部はワンルームタイプ、周辺地域はファミリータイプ

都心はワンルームが人気

都心部には一人暮らしの方の需要がきわめて多く、ワンルームタイプのマンションはたいへん高い人気を保っています。
ワンルームの購入価格は新築マンションであれば3,000万円前後、中古物件であればその半値程度から狙うこともできます。
購入価格の安さと比較して家賃設定を高めにすることも可能であり、収益率が一般的に高くしやすい傾向にありますので不動産投資の最初の物件としておすすめです。
その一方で入居者の移り変わりが激しくなる可能性があり、空室リスクの発生も考慮する必要があります。

周辺地域はファミリータイプがおすすめ

都心からやや離れた場所で、駅に近いなどの好立地条件であればファミリータイプの物件がおすすめです。
ワンルームタイプと比較すると入居者の安定性が高いこと、ファミリータイプのマンションは一般的に供給量が少ないために賃貸料の設定を高くでき、一度入居者が定着すると長期間の安定収入を確保できる可能性が高いと考えることができます。

不動産投資には、物件をとりまくさまざまな条件を見極めて適切な家賃設定をすることが欠かせません。
安心できる不動産投資を継続するためのステップとして、マンション経営を始めてみませんか。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る