東京での不動産投資は実際どうなの?

不動産投資は全国どこでも始めることができますが、中でも特に注目が集まっているのが東京での不動産投資です。
日本の首都である東京はもともと人口が多く、不動産投資にはうってつけのエリアとして知られていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは、不動産投資という観点で東京は魅力的な都市なのかどうかを探ってみました。

首都圏のマンション需要は下降気味でも東京ならまだ需要あり


(株)不動産経済研究所が発表した「首都圏マンション市場動向」によると、2018年上半期における首都圏の高層住宅の契約率は78.5%でした。
前年同期に比べると1.5ポイントアップしているものの、初月契約率の平均は66.7%と前年同期から0.6ポイントダウンしており、3年連続60%台で推移しています。

特に埼玉や神奈川は約5~8ポイントダウンしており、首都圏でのマンション市場の需要はやや下降気味となっています。
一方で首都圏の新規供給戸数は前年同期比5.3%増となっており、需要に対して供給過多になっていることがうかがえます。

ただ、東京に関しては都区部の契約率が81.3%と8割を超えており、首都圏全体の平均を上回っています。
都区部に関しては初月契約率は前年同期比0.5%ダウンしていますが、都下に関しては8.0ポイントと大幅にアップしており、東京都全体で見ると需要はまだまだ安定しているようです。[注1]

また、総合不動産サービス大手のJLLがまとめた最新の都市比較インデックスレポート 「世界都市の10類型 未来都市創生への道程」において、東京はロンドンやニューヨーク、パリといった大都市とともに、世界の商業用不動産への投資額の1/4を占める「ビッグ7」に選出されています。[注2]

以上のデータをみるところ、東京における不動産投資は将来性のあるビジネスとして注目できるといえるのではないでしょうか。

[注1]株式会社不動産経済研究所:首都圏マンション市場動向(pdf)
https://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion/334/6394528s.pdf

[注2] 2018年版 都市比較インデックス「世界都市の10類型 未来都市創生への道程」を発刊
http://www.joneslanglasalle.co.jp/japan/ja-jp/news/392/mappingthepathwaystosuccess

東京で不動産投資を行うべき3つの理由


東京における高層住宅市場がまだまだ安定していることはデータからも見て取れますが、それ以外にもおすすめできるポイントが3つあります。

ポイント1. 人口が右肩上がりに増えている



不動産投資成功の鍵である入居率は、一般的に当該エリアの人口に比例します。
東京都によると、都の人口は平成7年以降区部、市部ともに右肩上がりに増加し続けているとのことです。

この人口の増加は平成37年までしばらく続くという予測が立っており、一部の区市町村(千代田区、中央区、港区)についてはなんと平成52年まで人口の増加が続くと予想されています。[注3]
不動産投資は長期にわたって運用するものですので、今後しばらくの間、人口増が続くという見通しは大きなメリットとなります。

[注3]東京都総務局統計部:予測結果の概要(pdf)
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kyosoku/ky17rf0000.pdf


ポイント2. 大学が都心に多く移転しはじめている



大学のなかには、本校を都心に、別のキャンパスを埼玉や群馬といった都外に設置しているところもあります。

ですが、1997年に東京女子大学が東京・杉並の善福寺にキャンパスを移転したことを皮切りに、多くの大学がキャンパスを都心へ移転。3万人を越える学生が都心へ移り住んでいます。

そしてさらに、これからも大学の都心移転は予定されており、今後も学生が都心へ移り住むと予想されます。

そのため、大学生の下宿先となるアパートやマンションへの投資は、将来有望と考えられます。


ポイント3. 東京五輪開催にともなう再開発計画が進行



2020年に東京五輪が開催されることが決定して以降、会場となる予定の有明やお台場、夢の島などの湾岸エリアは続々と再開発が進んでいます。
2020年まであとわずかですので、それ以降の需要が見込めるかどうか不安になる方も多いのですが、実はオリンピック開催以降も銀座や日本橋エリアをはじめとする東京都下での再開発計画が予定されています。

オリンピック特需が終わっても、再開発計画が順調に進めば周辺エリアの高層住宅の価値上昇を見込めるでしょう。

東京での不動産投資は今からでも遅くない!


東京は今後しばらく人口増が見込まれているほか、オリンピック開催やそれにともなう再開発計画などにより、土地や不動産の価値が上昇することが見込まれています。

東京での不動産投資は国内だけでなくすでに海外勢からも注目を集めていますが、将来性を考えればまだまだ十分な需要を見込めますので、まずは信頼できる不動産投資会社に相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る