よく聞くけど不動産投資とリートって何が違うの?

不動産投資を検討する際、「リート」という投資商品を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
不動産投資もリートも、これから不動産投資をはじめる人におすすめの投資商品です。
ただ、投資に関する知識がない人にとって両者の違いはわかりづらいでしょう。

今回は不動産投資とリートが何かを解説した上でそれぞれの違いを比較していきます。

「リート」とは海外で生まれた投資信託の一種

リート(REIT)とは、投資信託の一種です。
リートは、まず投資家が不動産投資会社等にお金を投資します。
不動産投資会社は投資家から集めた資金を使って不動産投資会社は収益物件を購入し、運営。その物件の賃貸収入等から維持費等を差し引きして、余ったお金が配当金として投資家に還元されるという仕組みです。

ちなみに、もともとは海外で生まれた投資信託なので、日本国内のリートと海外のリートを区別するために日本版のリートは「Jリート」と呼ばれます。

不動産を利用した投資商品ですが、お金を出す投資家たちは実際に不動産を所有するわけではありません。
イメージとしては、会社の株式を購入して経営者に資金提供をする代わりに、配当金をもらうようなものと捉えておきましょう。

リートなら一口10万円で投資可能!不動産投資とリートの違いは投資額

不動産投資の場合、3億円の建設費用を1社だけ、1人の投資家だけで用意するのは簡単ではありません。

しかし、リートであればひとくち10万円程度で投資できます。そのため、投資家も投資しやすく、不動産投資会社も必要な額を集めやすくなります。

たくさんの投資家を募ることで個々人の負担を抑える仕組みになっているため、不動産投資よりも少ない元手で投資をはじめることができます。

また、リート自体は一般的な証券と同様証券取引所に上場しているので、株と同じように手軽に売買可能です。
家賃の回収や共用部の管理などは不動産投資会社が行ってくれるため、面倒な管理の手間もかかりません。

リートは会社が倒産したら土地が残らない



投資額に加え、不動産投資とリートの違いは「資産」が残るかどうかという点もあります。

リートは株と同じように会社が倒産したり、上場廃止になったりしたら手元に何も残らないというリスクがあります。
一方、不動産投資なら土地や建物を自分の資産として所有しているため、こうしたリスクがありません。
また、不動産投資法人の運用実績や地価の変動等によって賃貸収入を確保できない場合、配当金が出ない、もしくは減ってしまうという点も、リートをはじめるうえで知っておきたいリスクです。

不動産投資とリートをタイプ別に比較

多額の投資費用がかかる不動産投資と、少ない額からはじめられるリート。それぞれを比較して、どのような方に向いているかを解説します。

より大きく儲けたい人には不動産投資がおすすめ



不動産投資とリートを比較した場合、リートよりも不動産投資のほうが儲けを大きくしやすいです。
リートの場合、手元に入ってくる配当金は物件全体の賃貸収入のうち、投資額に応じたごく一部のみ。
管理費用なども自動的に引かれてしまうため、自分で物件の管理をして管理費を節約するといったテクニックは使えません。

より大きく儲けたい人、資産として不動産を所有したい人には不動産投資をおすすめします。

少ないお金で投資をはじめたい人にはリートがおすすめ



できるだけ少ないお金で不動産投資をはじめたい人には、リートがおすすめです。また、物件の維持管理に必要な諸手続きが面倒な人にも管理を全面的に任せることのできるリートが向いているでしょう。

まずは少額の投資からはじめて投資の知識と経験を積もう

投資で儲けを出すためには、適切な知識を蓄えて自分なりの投資ルールを決め、投資の経験を積んで何度も取引する必要があります。

そこでおすすめしたいのが、まずは手間のかからない少額のリートをはじめ、慣れてきたら不動産についての勉強をし、不動産投資へ移行するという方法です。

ただし、どういう投資法が自分に合っているかは人によって違います。
投資方法選びで迷ったときは、不動産投資会社へ相談してみましょう。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る