カンタン!誰でもわかる不動産投資

サラリーマンでもOLでもできる不動産投資

不動産投資には購入した不動産を賃貸住宅にして家賃収入を得る方法と安い不動産を購入して高く売って利益を得る方法の2つがありますが、サラリーマンやOLでも簡単にできるのが購入した不動産でマンション経営して家賃を得る方法です。

例えば区分マンションを購入してマンション経営したとします。マンションの購入費用の全額は用意できないので住宅ローンを組んで投資を始めます。
当然、月々ローンを返済していかなければなりませんが、入居者を見つけて貸し出して賃貸収入を得ることで、その一部を返済に充てることができます。
そしてローン完済後は家賃が全額手元に残ります。
ローンの返済を入居者に肩代わりしてもらうようなものです。
入居者の募集や管理については管理会社を利用することでオーナーが労力を使う必要はありません。
いわゆる不労所得です。

不動産投資には節税効果もあります。
サラリーマンの場合、給与所得と運用益とを損益通算できるために減価償却費やローンの支払い金利などを経費として計上することで所得税の節税効果が見込めます。
さらに、現金よりも不動産のほうが相続税率が低いので相続税対策にもなります。
また、不動産投資のメリットとして生命保険のかわりになるという点も見逃せません。
団体信用生命保険に入ることで、万が一の場合ローンの支払いが免除されます。

不動産投資で失敗しないためのマンション経営の注意点

このように不動産投資にはいろいろなメリットがありますが、投資である以上はリスクが存在します。
最も注意を払いたいのは投資物件の選定です。
住居は生活に不可欠ではあるものの少子化が進んでいる現在、誰も借りてくれないというリスクがあります。
好立地・好条件の物件を選ぶことが第一条件です。

また、投資開始後に必要なお金はローンの支払だけではありません。
マンションの管理費・修繕積立金を払わなければなりませんし、入居者が入れ替わる時のメンテナンス費用や管理会社への手数料も必要です。
ローンの支払いとこれらの経費、そして家賃収入のバランスを考えて投資物件を選定する必要があります。

しかし、不動産投資に関するセミナーが全国各地で開催されていますし、不動産投資をサポートしてくれる会社もあります。
全てを1人で初めから勉強する必要はありません。
セミナーに参加したりサポート会社にアドバイスを貰うことで失敗しないマンション経営ができるようになるでしょう。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る