低予算で始められる不動産投資

不動産投資をするのにお金がかかると思っている人は多く、二の足を踏んでいるのが実情です。
しかしその一方で低予算から始めることができる不動産投資が存在しています。
低予算で始められる不動産投資にはどのようなものがあるのか、またいくらから始められるものか、どれだけ増やすことができるのか、これらを知ることで上手にお金を増やすことができます。

低予算で始める不動産投資のメリット

不動産投資にはリスクが付き物と思っている人が多いですが、少ない金額で不動産投資ができることはリスクをできるだけ小さくして参加できることを意味します。
また最初はノウハウだけを学びたいという場合にもおすすめであり、ここでしっかりと勉強し、本格的な投資をする時に今までの経験をぶつけて一気に稼ぐことも可能です。
サラリーマンにとってみれば貴重な副業、副収入の機会であり、赤字であれば損益通算をできるので節税にもなります。これだけのメリットが存在しています。

少ない金額で行える不動産投資の中身

数百万円程度で行えるものとして区分アパート、区分マンションの所有があります。
マンションやアパートを一棟所有するのではなく、一室単位で所有をするやり方です。
これなら賃貸アパートやマンションの勉強になります。
最近ではだれも手を付けないようなボロボロな家を購入し、それをリノベーションして貸し出すという新たな不動産投資を行う人も出てきています。
ノウハウが必要とされますが、ここでノウハウをつかめば空き家が多い日本では競争相手がいない面白い投資となります。

お小遣いで始められるREIT

少ないお金で不動産投資をする時に、1万円程度で始められるものがあります。
それがREITであり、不動産に特化した投資ファンドです。
投資信託の不動産バージョンであり、いくつかの不動産を所有しリスクヘッジを行っています。
利回りは数%と高く、インフレになった場合でも不動産の価値があがるためにしっかりと対応できるのもポイントです。
段々と増やしていくこともでき、REITを使って資産形成をしていくこともできます。
まずはREITで不動産を学ぶというのも最初のうちはおすすめです。

1万円程度から始められるものもあれば、数百万程度で本格的な不動産投資が行えるものもあります。
頭金として用意していたお金で始められるので、事業用ローンの返済に追われるようなこともありません。
もちろん元本保証はないため、不動産の勉強は必要ですが、ここでの経験がお金をかけて本気で乗り出す際に役に立ちます。

基礎知識一覧

基礎知識一覧に戻る